ロシアの巨匠アンドレイ・コンチャロフスキーが来日 黒澤明との思い出を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年6月5日 > ロシアの巨匠アンドレイ・コンチャロフスキーが来日 黒澤明との思い出を語る
メニュー

ロシアの巨匠アンドレイ・コンチャロフスキーが来日 黒澤明との思い出を語る

2017年6月5日 20:15

来日したコンチャロフスキー監督とユリヤ・ビソツカヤ「暴走機関車」

来日したコンチャロフスキー監督とユリヤ・ビソツカヤ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロシアの芸術・文化を海外へ発信するプロジェクト「ロシアンシーズンズジャパン2017」の開催を記念し、ロシア映画の巨匠アンドレイ・コンチャロフスキー監督の最新作「パラダイス」のジャパンプレミアが6月5日、TOHOシネマズ六本木ヒルズであり、来日したコンチャロフスキー監督と、主演であり監督の妻のユリヤ・ビソツカヤが舞台挨拶を行った。

コンチャロフスキー監督は、若き日にソ連・日本合作映画「デルス・ウザーラ」(1975)の編集中に黒澤明監督を見かけていたそうで、その後、黒澤監督が執筆した脚本を基に「暴走機関車」(85)を製作し、ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞した。「様々なジャンルの作品を撮る黒澤監督は私のお手本。黒澤監督との交流が始まり、監督が握ったお寿司をいただいたりと貴重な経験をしました」と振り返る。また、ウォッカの杯を重ねて酔った黒澤監督と、レーニンについての議論をしたというエピソードも披露した。

また、本プロジェクトの日本開催については「政治的に複雑な状況ですが、芸術がお互いを理解する手助けになると思う。私にとって日本文化は近しいもの。出来るだけ少ないもので、出来るだけ多くのものを得るという日本の文化の原則は、ロシアの文化にとっても大事なこと」と持論を述べた。

第73回べネチア国際映画祭銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した今作は、第2次大戦下のフランスとドイツを舞台に、ナチスによるユダヤ人襲撃から子供たちを匿った罪で捕まるロシア人のオルガ、ナチス占領下の刑務所で働くフランス人のジュールス、ナチス親衛隊兵として、ユダヤ人の大量虐殺任務に就くドイツ人のヘルムートという立場の違う3人の男女の視点で描かれた物語。

(映画.com速報)
デルス・ウザーラ[DVD] デルス・ウザーラ[DVD] 最安価格: - 構想30年!映画史に燦然と輝く、巨匠・黒澤明の金字塔!完全期間限定生産で発売。
暴走機関車[DVD] 暴走機関車[DVD] 最安価格: ¥4,104 黒澤明監督の原案をロシアの俊英コンチャロフスキー監督が映画化。野性と執念を載せた4重連機関車が、猛々しい雄叫びとともに白い雪原を暴走する。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi