村上虹郎、応急救護実習で“役者魂”さく裂! 綾野剛「最高だね」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年6月3日 > 村上虹郎、応急救護実習で“役者魂”さく裂! 綾野剛「最高だね」
メニュー

村上虹郎、応急救護実習で“役者魂”さく裂! 綾野剛「最高だね」

2017年6月3日 12:45

初日挨拶に立った熊切和嘉監督、 綾野剛、村上虹郎「武曲 MUKOKU」

初日挨拶に立った熊切和嘉監督、
綾野剛、村上虹郎
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 綾野剛の主演で、芥川賞作家・藤沢周氏の小説を映画化した「武曲 MUKOKU」が6月3日、全国40館で封切られ、綾野と、共演の村上虹郎、メガホンをとった熊切和嘉監督が、東京・新宿武蔵野館で行われた舞台挨拶に登壇した。この日は男の決闘が描かれる物語にちなみ、それぞれに「最近何かと戦ったことは?」という質問が投げかけられ、綾野らは自身が“対決”した出来事を告白した。

熊切監督と綾野が「夏の終り」以来、約3年ぶりにタッグを組んだ本作は、現代の鎌倉を舞台に、剣道5段の腕前を持つが自堕落な日々を送る研吾(綾野)が、天性の剣の才能を持つ高校生・羽田融(村上)と出会い、再び剣の道を歩んでいくさまを描く。「疲弊していく自分をきちんと映してくれていた」と熊切監督への信頼をにじませた綾野は、「愛に渇望した男たちが“地獄”に魅せられて、その中で光を手繰り寄せる作品」と説明する。

綾野が最近戦っていたのは「自分自身」だという。「(本作を通じて)自分と向き合うことをやめてしまうと、僕は役者としてはやっていけないんだなと感じました。自分と向き合っていない作品というのは、お客様に届かないと思う。自分ときちんと戦えているかということを、これから確認して、実感、そして体感していかなければならない」と役者としての矜持をのぞかせた。一方、熊切監督が対峙したのは「撮影時の天気」だそう。「朝に撮影をして、雨で中断して、また撮っての繰り返し。きっと2人は気持ちをつなぐことが大変だったんだろうなと思う」と語っていた。

「めっちゃ真面目に話しましたね(笑)」と綾野へツッコミを入れた村上は、「戦ったというのとは少し違うのかもしれないですが、最近、車の教習所を卒業しまして、まだ筆記試験だけ受けていないんですよ。今やってる作品のクランクインに合わせて終わらせようと頑張ったんですけど、結局試験を受けれずじまいで…」と明かした。そして、綾野から「それは負けになるのかな」と茶々を入れられると「負けましたね」と苦笑いを浮かべていた。

続けて、応急救護実習を受けた際のユニークな思い出話を披露。「応急救護って芝居をするじゃないですか。なぜか最後に演じることになったんですよ。その場では、数人に自分が役者だってことがバレていて。一応、役者が本業ですし『ちゃんと声出していこう』と意識して、芝居に取り組みましたね」と話すと、場内は大爆笑。笑いが止まらない綾野も「最高だね。その虹郎の芝居、いつか見たいな」と腹を抱えていた。

(映画.com速報)
夏の終り[Blu-ray/ブルーレイ] 夏の終り[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,791 作家の瀬戸内寂聴が出家前の瀬戸内晴美時代に発表した小説で、自身の経験をもとに年上の男と年下の男との三角関係に苦悩する女性の姿を描いた「夏の終り」を、鬼才・熊切和嘉監督が映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi