猿之助「やじきた」の舞台挨拶なのにアキラ100%芸で「花戦さ」アピール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年6月3日 > 猿之助「やじきた」の舞台挨拶なのにアキラ100%芸で「花戦さ」アピール
メニュー

猿之助「やじきた」の舞台挨拶なのにアキラ100%芸で「花戦さ」アピール

2017年6月3日 18:20

客席の笑いを誘った市川猿之助と 苦笑いを浮かべる市川染五郎「花戦さ」

客席の笑いを誘った市川猿之助と
苦笑いを浮かべる市川染五郎
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌舞伎俳優の市川染五郎と市川猿之助が主演したシネマ歌舞伎「東海道中膝栗毛 やじきた」が6月3日、東京・築地の東劇で封切られ、2人が初日舞台挨拶を行った。

昨年8月の歌舞伎座「納涼大歌舞伎」で上演された新作を、延べ20台以上のカメラでさまざまなアングルから撮影。シネマ歌舞伎のPRのため、2人がラップに挑戦した動画「Cinema Kabuki “YJKT”」を公開するなど斬新な試みも話題となり、染五郎は「歌舞伎もするラッパーの市川染五郎です。目指せ、ピコ太郎なので(動画を)見なくてもいいから1日80回はクリックして」とご機嫌だ。

一方の猿之助は、同じくこの日公開された出演映画「花戦さ」の舞台挨拶を終えて駆け付けたため、客席通路で同作のチラシを配りながら登壇。舞台上では同作のタイトル入りの円形うちわを股間に持って行き、裏返してチラチラ見せるアキラ100%ばりのパフォーマンスも見せ、「これはいつでも見られるから、利休と秀吉の戦いを」と言ってのけ、染五郎を苦笑させた。

さらに、今年8月の納涼大歌舞伎で「やじきた」のパート2の上演も決定しているため、「これを見なければ、何にも分からないように作るから、3回は見て」と半ば強制的に観賞のススメ。染五郎はその“暴走”をいさめながらも、「シネマ歌舞伎にする条件は、舞台よりも面白い作品であること。ライブ感をどう出すかを目指してやった撮影で、新たな作品の誕生です」と自信のほどをアピールしていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi