5代目“007”ピアース・ブロスナン、先輩ロジャー・ムーアさんへ追悼文を寄稿 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年6月2日 > 5代目“007”ピアース・ブロスナン、先輩ロジャー・ムーアさんへ追悼文を寄稿
メニュー

5代目“007”ピアース・ブロスナン、先輩ロジャー・ムーアさんへ追悼文を寄稿

2017年6月2日 12:00

ピアース・ブロスナン「007/ゴールドフィンガー」

ピアース・ブロスナン
Photo by Gregg DeGuire/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「007」シリーズの第17作「ゴールデンアイ」(95)から「ダイ・アナザー・デイ」(02)まで、4作品で5代目ジェームズ・ボンド役を務めたピアース・ブロスナンが、先ごろ闘病生活の末、スイスで死去した3代目ジェームズ・ボンドのロジャー・ムーアさんへの追悼文を、米バラエティに寄稿した。

ブロスナンは、故郷アイルランドから英ロンドンに移り住んだ11歳の春、両親に連れられショーン・コネリー主演「007 ゴールドフィンガー」(64)を映画館で見て以来、ジェームズ・ボンドに憧れていたものの、「僕にとって最初にして最大のヒーローは、(テレビドラマ)『セイント 天国野郎』の“セイント”ことサイモン・テンプラーと、それを演じるロジャー・ムーアだった」と明かす。「ロジャー演じるセイントが、僕の想像力に火をつけると同時に、自分もいつか俳優になりたいというぼんやりとした夢のようなものを、僕の中に芽生えさせた」と振り返った。

やがて3代目ジェームズ・ボンドに就任したムーアさんについて、「世界中が注目する中、ジェームズ・ボンド役を継承するのは相当なプレッシャーだっただろう。でもロジャーは7本にわたり、卓越した演技力と抜群のコメディセンスを余すところなく発揮して、見事にボンド役を演じ切ってみせた。観客を楽しませるという1番の目的を決して忘れることなく、長年ボンドとして世界中の人々を魅了し続けた彼は、スクリーンの中でも外でも、常に完璧な紳士だった」と惜しみない賛辞をつづった。そして最後に、「真の優しさと思いやりにあふれたサー・ロジャー・ムーアと知り合えたことを、心から誇りに思う」と、哀悼の意を込めて締めくくった。

(映画.com速報)
ダイ・アナザー・デイ[Blu-ray/ブルーレイ] ダイ・アナザー・デイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥991 007シリーズ20作目。ピアース・ブロスナン演じるジェームズ・ボンドが世界中を駆けめぐるスパイ・アクション・ムービー。
ゴールデンアイ[Blu-ray/ブルーレイ] ゴールデンアイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 5代目ボンドにピアーズ・ブロスナンを迎えて贈る大ヒットアクションシリーズ第17作。ショーン・ビーン、ファムケ・ヤンセンなど出演。衛星システム“ゴールデンアイ”をめぐる国際犯罪組織とボンドの死闘を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi