山本美月、セーラー服で中学生演じるも無念のカット 伊野尾慧は初主演映画公開に感激 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年5月20日 > 山本美月、セーラー服で中学生演じるも無念のカット 伊野尾慧は初主演映画公開に感激
メニュー

山本美月、セーラー服で中学生演じるも無念のカット 伊野尾慧は初主演映画公開に感激

2017年5月20日 12:45

山本美月と永野芽郁「ピーチガール」

山本美月と永野芽郁
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 上田美和氏の少女コミックを実写映画化した「ピーチガール」が5月20日、全国301スクリーンで公開初日を迎え、ダブル主演の山本美月伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、共演の真剣佑永野芽郁、メガホンをとった神徳幸治監督が東京・丸の内ピカデリーでの舞台挨拶に出席した。

見た目は派手だが中身はピュアな女子高生・もも(山本)が、学校一のモテ男・カイリ(伊野尾)と同級生のとーじ(真剣佑)の間で揺れ動く恋愛模様を描いた。伊野尾は「初主演映画が初日を迎えられて嬉しいです」と晴れやかな笑顔を見せ、山本は「私たちが1年間育ててきた『ピーチガール』ですが、今日から皆さんのもの。大切に育てていただけたらと思います。嬉しくて泣きそうです、ぜひかわいがってください」と瞳に涙をためて呼びかけていた。

キャスト陣に「今だから言いたいことは?」と質問が寄せられると、山本は「思い出したことがある」と切り出す。「私も、中学生時代を回想で演じているんです。中学生のももととーじで、セーラー服着て、野球したよね。でもカットされました」と暴露。さらに、「あとで監督に聞いたら、『さすがに無理だった』と。そりゃあそうだよ、なんでやる前に気づかなかったんですか(笑)! カットされていると気づいたときの切なさはね……」と嘆き節で、真剣佑も「いいシーンだったのにね」と肩を落とした。そんな様子に、神徳監督は「ももちゃんがとーじを好きになるきっかけのシーンだったよね。(ソフト化の際に)メイキングに入れられたら」とフォローしていた。

さらに壇上には、劇中でカイリがつくったアメ細工がサプライズ登場。この日の早朝から伊野尾が「お花と細かい部分をつけるのを手伝った」もので、山本にプレゼントされた。伊野尾は「入り時間ものすごく早かったですから」と胸を張り、作業中の写真がスクリーンに映し出されたが、一同は「劇中写真では?」と怪訝な表情。「そうじゃない!」とタジタジの伊野尾が「美月ちゃんにたくさんお世話になりましたし、芽郁、真剣、監督への感謝の気持ちを込めました」と必死に説明すると、山本は感激の表情を浮かべていた。

サプライズはこれで終わりかと思いきや、山本も得意のイラストをいかした「女装したカイリの似顔絵」を伊野尾にプレゼント。山本が「ちゃんとすね毛を剃ったあともあるの。かわいらしく描いてみました。(作業時間は)2、3時間くらい」と頬を緩めると、伊野尾も「自分がサプライズするとずっと思っていて、まさかされるとは。すごく嬉しいです。家の一番高いところに飾ります」と喜色満面だった。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi