片桐はいり、向井理の祖母の半生を映画化「いつまた、君と」に出演! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年5月20日 > 片桐はいり、向井理の祖母の半生を映画化「いつまた、君と」に出演!
メニュー

片桐はいり、向井理の祖母の半生を映画化「いつまた、君と」に出演!

2017年5月20日 09:00

現場では向井理&片桐はいりが姉弟同然のコンビネーション「いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)」

現場では向井理&片桐はいりが姉弟同然のコンビネーション
(C)2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]実力派女優・片桐はいりが、俳優・向井理の祖母・芦村朋子さんの半生記を映画化した「いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)」に出演していることがわかった。片桐と向井は「小野寺の弟・小野寺の姉」(2014)などで共演して以来の仲で、今作の撮影でも姉弟さながらのコンビネーションを見せていたという。

神様のカルテ」の深川栄洋が監督、NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」などで知られる山本むつみが脚本を務め、衣食住もままならない戦後の動乱期を生きた一組の夫婦、妻・朋子(尾野真千子)と夫・吾郎(向井)の愛の物語を紡ぐ。「シン・ゴジラ」では官邸内の清掃の女性を演じ、数秒の出演ながら強烈なインパクトを残した片桐は、今作では中国・上海から日本に帰還する、すし詰め状態の“引き揚げ船内”のシーンで登場する。

朋子と吾郎は太平洋戦争の終結を機に、戦中に暮らしていた中国から引き揚げ、2人の息子とともに朋子の実家がある愛媛を目指すことに。その引き揚げ船内で、ある女(片桐)が朋子の次男・暸を突然抱きしめ、「マサオ」と叫ぶ。女は暸を息子・マサオと信じ込み、決して手を離さなかったが、隣にいた自身の娘が「その子はマサオじゃないよ。マサオは途中で置いてきたでしょう」と諭すと、茫然自失の表情を浮かべる。残留日本人を題材にした作品は数多くあるが、今作も中国にいた家族が日本に帰る道中、どれだけ過酷な体験をしたかが描かれている。

いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)」は、6月24日から全国公開。

(映画.com速報)
小野寺の弟・小野寺の姉 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 小野寺の弟・小野寺の姉 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,061 互いを大切に思いあう不器用な姉弟にそれぞれ訪れた幸せの行方を描いたハートウォーミングコメディ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi