デビッド・フィンチャー、ブラピ主演「ワールド・ウォー Z」続編でメガホン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年5月16日 > デビッド・フィンチャー、ブラピ主演「ワールド・ウォー Z」続編でメガホン
メニュー

デビッド・フィンチャー、ブラピ主演「ワールド・ウォー Z」続編でメガホン

2017年5月16日 17:00

デビッド・フィンチャー監督「ワールド・ウォー Z」

デビッド・フィンチャー監督
写真:INSTARimages/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ブラッド・ピットが主演・プロデュースを手がける「ワールド・ウォー Z」の続編で、盟友デビッド・フィンチャー監督がメガホンをとることになったと、米バラエティが報じている。

同作は、2013年に世界興収5億4000万ドルを記録した大ヒットゾンビ映画の続編。当初、前作でメガホンをとったマーク・フォースターにかわり、「永遠のこどもたち」「インポッシブル」のJ・A・バヨナが監督に決定したものの、バヨナ監督が「ジュラシック・ワールド」(15)の続編を優先したたことで頓挫。ピットはさまざまな監督と面会したのちに、「セブン」「ファイト・クラブ」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」とこれまでに3度タッグを組んだフィンチャー監督に昨年夏頃からラブコールを送り続けていた。

フィンチャー監督は初長編映画「エイリアン3」(92)で苦労した経験から続編には消極的だったが、本作はピットがプロデュースを務めるため前向きになったという。しかし、今年2月には、米パラマウント・ピクチャーズの公開ラインアップから排除され、先行きが不透明になっていた。

そんな中、今年3月に同スタジオのCEOがブラッド・グレイ氏からジム・ジアノプロス氏に交代したことで風向きが変化。ジアノプロス氏は20世紀フォックス会長時代に、フィンチャー監督の「ゴーン・ガール」(14)を手がけおり、両者は良好な関係を築いている。契約がうまくまとまれば、18年上半期にクランクインする見込みだ。

フィンチャー監督は現在、Netflixの新ドラマ「マインドハンター(原題)」を手がけている。

(映画.com速報)
ワールド・ウォーZ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ワールド・ウォーZ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 ブラッド・ピット主演、平穏な朝が突如地獄へ変わる大パニックを描くアクション超大作!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi