菊地成孔&ジャーナリスト宇野維正「ムーンライト」の“革新性”を独自目線で解説 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年5月12日 > 菊地成孔&ジャーナリスト宇野維正「ムーンライト」の“革新性”を独自目線で解説
メニュー

菊地成孔&ジャーナリスト宇野維正「ムーンライト」の“革新性”を独自目線で解説

2017年5月12日 15:00

色彩感覚や画面の切り取り方を評価「ムーンライト」

色彩感覚や画面の切り取り方を評価
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第89回アカデミー賞で作品賞、助演男優賞、脚色賞に輝いた「ムーンライト」(公開中)のトークイベントが5月11日、東京・シネマート新宿で行われ、音楽家・文筆家の菊地成孔氏、映画・音楽ジャーナリストの宇野維正氏が同作の魅力を語り合った。

米マイアミの貧困地域で孤独な生活を送る黒人少年シャロンが、自己のアイデンティティを模索するさまを幼少期(アレックス・ヒバート)、少年期(アシュトン・サンダース)、青年期(トレバンテ・ローズ)の3つの時代構成で描く。ブラッド・ピットが製作総指揮を務め、長編2作目となるバリー・ジェンキンスがメガホンをとった。

菊地氏は「アフロアメリカンを描いた過去の映画に比べると、ものすごく静かなトーン。タイトルが象徴するように、月光の下で淡々と語られている」と指摘。特に幼少期、少年期を描くパートの色彩感覚について「月光の光学的な効果もあり、非現実的で美しい。芸術に精通した高い美意識」と絶賛した。

また、「紋切り型に縛られつつあった北米のアフロアメリカンカルチャーとは真逆で、芸術的にも成熟している。脚本の機械的な精密さも含めて、なんとなくのセンスで撮った映画じゃない」と同作の革新性と精度の高さに言及した。

一方、宇野氏は「タブレットでの鑑賞を意識し、寄りが多い作品が増えている」と映画界のトレンドを語り「この作品はまさに、インスタ時代の映画。時代の移り変わりとともに、映画の形が変わりつつある」と分析していた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi