「ブレードランナー 2049」新予告でレプリカント“誕生”の瞬間が明らかに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年5月9日 > 「ブレードランナー 2049」新予告でレプリカント“誕生”の瞬間が明らかに
メニュー

「ブレードランナー 2049」新予告でレプリカント“誕生”の瞬間が明らかに

2017年5月9日 16:00

ハリソン・フォードとライアン・ ゴズリングが新旧ブレードランナーに「ブレードランナー」

ハリソン・フォードとライアン・
ゴズリングが新旧ブレードランナーに
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俊英ドゥニ・ビルヌーブ監督がメガホンをとる「ブレードランナー 2049」で、人間そっくりなレプリカントの“誕生”シーンが盛り込まれた最新予告編と、ハリソン・フォードライアン・ゴズリングが演じる“ブレードランナー”の姿をそれぞれ収めたポスタービジュアル2種類が公開された。

リドリー・スコット監督による前作「ブレードランナー」(1982)は、フィリップ・K・ディックによるSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」をもとに、人造人間“レプリカント”専門の捜査官ブレードランナー、リック・デッカード(フォード)の追跡劇を描いた。本作では、前作から30年後の2049年の近未来が舞台となる。

このほど公開された予告編は、ジャレッド・レト扮する謎の男がレプリカントの“誕生”に立ち会う場面で幕を開け、人類とレプリカントがいまだ断絶状態にあることが、ロビン・ライト演じる捜査官によって語られる。新人ブレードランナーの“K”(ゴズリング)とデッカード(フォード)の出会いから、衝撃の真実を予感させるKの当惑した表情まで、進歩的かつ退廃的な近未来のビジュアルと圧倒的な映像美で一気に駆け抜ける。

本作で、製作総指揮にまわったスコット監督に代わりメガホンをとったビルヌーブ監督は、「メッセージ」(5月19日公開)でアカデミー賞監督賞にノミネートされ、傑作SF小説「デューン 砂の惑星」の映画化企画の監督にも抜てきされた。「ブレードランナーの続編に取り組むなんて自殺行為にも等しく、だからこそものすごくエキサイティングだ」と語っており、いまだストーリーの大部分が謎に包まれた本編への期待が高まる。

ブレードランナー 2049」は10月27日全国公開。

(映画.com速報)
ディレクターズカット ブレードランナー 最終版[DVD] ディレクターズカット ブレードランナー 最終版[DVD] 最安価格: ¥1,080 1983年に製作された、近未来を舞台にしたSFサスペンス「ブレードランナー」を、リドリー・スコット監督が自ら編集したディレクターズ・カット版。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi