地球外生命体がやってきたら人類は?「メッセージ」緊迫感あふれる本編映像独占入手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年5月2日 > 地球外生命体がやってきたら人類は?「メッセージ」緊迫感あふれる本編映像独占入手
メニュー

地球外生命体がやってきたら人類は?「メッセージ」緊迫感あふれる本編映像独占入手

2017年5月2日 08:00

じわじわと緊張感をあおる「メッセージ」

じわじわと緊張感をあおる
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「プリズナーズ」「ボーダーライン」で知られ、「ブレードランナー 2049」(10月27日公開)の監督に抜てきされたドゥニ・ビルヌーブ監督によるSF「メッセージ」の本編映像を、映画.comが独占入手した。

すぐれたSF作品に贈られるネビュラ賞を受賞した米作家テッド・チャン氏の短編小説「あなたの人生の物語」を、エイミー・アダムスジェレミー・レナーフォレスト・ウィテカーの共演で映画化。言語学者のルイーズ(アダムス)が、巨大な飛行体でやってきた謎の知的生命体「ヘプタポッド」とコンタクトを図るなかで、来訪に隠された壮大な真相にたどり着く。

ウェーバー大佐(ウィテカー)の要請を受け、飛行体が留まるエリアにやってきたルイーズと物理学者イアンは、ものものしい雰囲気の兵士たちや、特殊な担架で運ばれている人物を目にする。その後、携帯電話の提出を命じられ、身体検査をうながされる。緊張感がじわじわと高まっていくシーンとなる。ビルヌーブ監督は「実際に“彼ら”の姿を見られるのはルイーズたちが飛行体に入ってからだ。しかし、“彼らが地球上にいる”と聞くだけで多くの観客が危機を感じる。飛行体が着陸した途端、世界の至るところでパニックになる。僕が気に入っているのは“彼ら”はいたって穏やかなのに、外では彼らの存在におびえる人類がカオスを生んでいるという強いコントラストなんだ」とくだんのシーンにも見られる“ギャップ”について解説している。

感情を表に出さず、生命体を危険視するウェーバー大佐に扮したウィテカーは「父親的な存在となり、ルイーズを静かな強さをもって叱責(しっせき)するのは難しかった。しかも、彼が“武器”という言葉を“彼ら”に伝えるよう強いることで、さまざまな出来事が引き起こされるんだ」とストーリーの一端を明かす。一方、アダムスは「彼女は、恐怖心と強い義務感を通して物事に取り組んでいるの。軍隊がいるような環境でも立ち向かい、戦争に急ぐことが得策ではないと必死に訴えるのよ」とルイーズ目線で語っている。

メッセージ」は、5月19日から全国公開。

(映画.com速報)
【おトク値!】プリズナーズ[Blu-ray/ブルーレイ] 【おトク値!】プリズナーズ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,998 ヒュー・ジャックマン主演、世界の魂を揺さぶったサスペンスの金字塔!
ボーダーライン[Blu-ray/ブルーレイ] ボーダーライン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,996 無法地帯で繰り広げられる攻防を、極限の臨場感で描き出すサスペンスアクション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi