オーストリアの鬼才ウルリッヒ・ザイドル最新作「SAFARI」公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年4月30日 > オーストリアの鬼才ウルリッヒ・ザイドル最新作「SAFARI」公開決定
メニュー

オーストリアの鬼才ウルリッヒ・ザイドル最新作「SAFARI」公開決定

2017年4月30日 10:00

人間の本性をあぶりだす「SAFARI」ビジュアル

人間の本性をあぶりだす「SAFARI」ビジュアル
(C)Wien 2016
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「パラダイス三部作 愛/神/希望」など、人間の内面に潜む根源的の狂気を描く作品で知られるオーストリアの鬼才ウルリッヒ・ザイドル監督の最新作「SAFARI」(原題)の劇場公開が2018年に決定した。

本作品は、アフリカで一部の狩猟ファンの間で密かに流行している、野生動物を狩する、トロフィー・ハンティングに密着したドキュメンタリー。2016年べネチア国際映画祭、2016年トロント国際映画祭、2016年東京国際映画祭で出品され大きな衝撃を与えた。その過激な内容から日本での公開は危ぶまれたが、この度待望の劇場公開が決まった。

値段が付けられた野生のインパラ、シマウマ、ヌー、そして、キリンを狩猟するオーストリア人とドイツ人のグループと、一団を草原へと案内するナミビアのリゾートホテルの面々、そして、狩猟した動物の毛皮を剥ぎ、余った肉を食べる現地人にカメラが肉薄する。

「SAFARI」は、2018年初春、シアター・イメージフォーラムほか全国劇場公開。

(映画.com速報)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi