マイケル・キートンがティム・バートン版「ダンボ」で悪役に? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年4月24日 > マイケル・キートンがティム・バートン版「ダンボ」で悪役に?
メニュー

マイケル・キートンがティム・バートン版「ダンボ」で悪役に?

2017年4月24日 12:00

マイケル・キートン「ダンボ」

マイケル・キートン
写真:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]往年の名作ディズニーアニメをティム・バートン監督が実写映画化する「ダンボ」に、マイケル・キートンが出演交渉中であると米メディアが報じた。

オリジナル版は、大きな耳をバカにされたり、母親と引き離されたりと悲しい思いをしているサーカスの子象・ダンボが、友だちのねずみティモシーの助けを借りながら人気者になり、母親と再会を果たすさまを描いた。バートン監督版は実写とアニメを融合させたものになる予定だ。

米ハリウッドレポーターによれば、物語の詳細は明らかにされていないものの、キートンは象を悪用するためにサーカスを買収する悪役で交渉中だという。キートンとバートン監督は、「ビートルジュース」(1988)、「バットマン リターンズ」(92)でタッグを組み、ともにブレイクを果たした。交渉が成立すれば3度目のコラボレーションとなる。

同作には、コリン・ファレルエバ・グリーン、「バットマン リターンズ」でペンギンことオズワルド・コブルポットを演じたダニー・デビートらが出演交渉に入っている。

(映画.com速報)
ダンボ[Blu-ray/ブルーレイ] ダンボ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,201 サーカス団に生まれた耳の大きなゾウの子供“ダンボ”が、友情や愛情に支えられながら逆境に立ち向かい、ありのままの自分を信じ大空へと羽ばたいていくひたむきな姿を描いたハートウォーミング・ストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi