ソニーが話題のグラフィックノベルの映画化権を獲得 サム・メンデスが監督か : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年4月24日 > ソニーが話題のグラフィックノベルの映画化権を獲得 サム・メンデスが監督か
メニュー

ソニーが話題のグラフィックノベルの映画化権を獲得 サム・メンデスが監督か

2017年4月24日 12:00

サム・メンデス監督

サム・メンデス監督
写真:Photoshot/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] エミリ・フェリス著のグラフィックノベル「My Favorite Thing Is Monsters」の映画化権を、各社争奪戦の末に米ソニー・ピクチャーズが獲得した。米Deadlineによれば、サム・メンデス監督がメガホンを検討しているという。

ファンタグラフィックス・プレスから今年2月に刊行された本作は、1960年代の米シカゴを舞台に、B級映画のモンスターに憧れる10歳の少女カレンの視点で激動の時代、変わりゆく世の中を描いている。がんに侵された母と暮らすカレンが、ホロコーストの生存者である同じアパートの住人が不自然な死を遂げたことから、その真相を調べ始めるというストーリー。発売直後から読者の圧倒的な支持を集めてベストセラーとなり、各スタジオが映画化に興味を示していた。

著者フェリスは60年代にシカゴで育ち、イラストレーター、おもちゃクリエイターとして活躍してきた。このグラフィックノベルがデビュー作となる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi