ウッディ・ハレルソン、1年前からマリファナ絶ちしていた : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年4月16日 > ウッディ・ハレルソン、1年前からマリファナ絶ちしていた
メニュー

ウッディ・ハレルソン、1年前からマリファナ絶ちしていた

2017年4月16日 10:00

1年間ハイになっていません。

1年間ハイになっていません。
Photo by Sonia Recchia/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米俳優ウッディ・ハレルソンが、1年前からマリファナを絶っていることを米Vultureのインタビューで明かした。

ハレルソンのマリファナ好きは有名で、大麻ビジネスに乗り出したこともあるほど。医療用の大麻使用が合法化されているハワイで、2016年2月にマリファナ販売店が認可されることが決定した際には、8業者の枠を60以上の業者たちと取り合った末に落選している。

今でも「(マリファナ自体は)素晴らしいと思うよ。警察官が副作用は幸福感だと言うくらいだ」と医療用大麻に肯定的だが、「今はとても穏やかなんだ。だから、実はマリファナは1年くらい前に止めたよ」と告白。理由は、「30年間ハードにパーティしすぎた」「ずっとやっていると、感情を得られないような感覚になるんだ」と話しているものの、依存症などの問題は抱えていないとしている。

さらに、「昨日の夜、誰かがすごく上質の大麻を持っていたんだ」と誘惑はあるが、「『よし、それでハイになろう』っていうのは奇妙な感じだったんだ。それに、そんな事をしていたら、すぐに吸い過ぎの日々に逆戻りさ」と語っており、今のところは自制心を保っているようだ。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi