マイケル・シーン、「ザ・レイド」ギャレス・エバンス監督の新作スリラーに出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年4月10日 > マイケル・シーン、「ザ・レイド」ギャレス・エバンス監督の新作スリラーに出演
メニュー

マイケル・シーン、「ザ・レイド」ギャレス・エバンス監督の新作スリラーに出演

2017年4月10日 19:30

マイケル・シーン「ザ・レイド」

マイケル・シーン
写真:REX FEATURES/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] バイオレンスアクション「ザ・レイド」シリーズのギャレス・エバンスが監督・脚本を手がける新作「Apostle(原題)」に、マイケル・シーンが出演することがわかった。

米Deadlineによれば、本作はカルト宗教に誘拐された妹を救い出すため孤島に向かう男を描くスリラーで、「美女と野獣」のダン・スティーブンスが主演。シーンのほかに、「シング・ストリート 未来へのうた」のルーシー・ボーイントン、米ドラマ版「ぼくのエリ 200歳の少女」主演に抜てきされたクリスティーネ・フリョーセット、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のビル・ミルナーが共演する。撮影は4月からスタートし、ネットフリックスで世界配信される。

シーンは、女優ハリー・マイヤーズ・シャイヤーが監督・脚本を務めた新作「Home Again(原題)」(リース・ウィザースプーン主演)や、マイク・ホワイト監督・脚本のコメディ「Brad Status(原題)」(ベン・スティラー主演)が、今年全米公開される予定。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi