「ムーンライト」がGLAADメディア賞を受賞 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年4月9日 > 「ムーンライト」がGLAADメディア賞を受賞
メニュー

「ムーンライト」がGLAADメディア賞を受賞

2017年4月9日 14:15

GLAADメディア賞を受賞「ムーンライト」

GLAADメディア賞を受賞
(C)2016 A24 Distribution, LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 同性愛者擁護団体GLAAD (Gay & Lesbian Alliance Against Defamation/中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟)が主催するGLAADメディア賞授賞式が行われ、今年のアカデミー賞3冠に輝いた「ムーンライト」(バリー・ジェンキンス監督)などが受賞した。

GLAADメディア賞は、映画、テレビ、音楽、演劇、ジャーナリズムなどの各分野で、「LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア)コミュニティを公平かつ正確に描いたメディアや、彼らの生き方に影響を与えた作品」に対して授与され、今年で28回を数える。

ゲイの黒人少年の成長物語を描いた「ムーンライト」が長編映画(拡大公開)部門で受賞、またトランスジェンダーの父とその家族を描くAmazonのオリジナルドラマ「トランスペアレント」は3年連続でコメディシリーズ部門を受賞している。

主な受賞結果は以下の通り

長編映画(拡大公開)部門
ムーンライト

長編映画(限定公開)部門
「Other People」

コメディシリーズ部門
「トランスペアレント」

ドラマシリーズ部門
「シャドウハンター: The Mortal Instruments」

テレビ映画/リミテッドシリーズ部門
「Eyewitness(原題)」

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi