伊藤淳史「ねこあつめの家」初日に登場の大久保佳代子をチクリ「来られる分量じゃない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年4月8日 > 伊藤淳史「ねこあつめの家」初日に登場の大久保佳代子をチクリ「来られる分量じゃない」
メニュー

伊藤淳史「ねこあつめの家」初日に登場の大久保佳代子をチクリ「来られる分量じゃない」

2017年4月8日 13:05

シナモンとドロップも舞台挨拶「ねこあつめの家」

シナモンとドロップも舞台挨拶
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 累計2000万ダウンロード突破の人気ゲームアプリを実写映画化した「ねこあつめの家」が4月8日、全国18スクリーンで公開初日を迎え、主演の伊藤淳史をはじめ共演の忽那汐里大久保佳代子、メガホンをとった蔵方政俊監督、出演したネコのシナモンとドロップが東京・新宿武蔵野館での舞台挨拶に立った。

伊藤は初共演となった大久保の印象を、「すごく真面目な方なんです。イメージを覆してきます」と明かし、「お芝居に対しても現場で監督とやり取りをしていらっしゃって、見ていてすごかった」と振り返る。これに大久保は「あら。なんか、ありがとう」と余裕の表情で応じ、「私は伊藤くんのことはチビノリダー時代の印象がすごい。でも今回は、大人のやり取りができて楽しかった」と語っていた。

さらに大久保は、劇中の出演時間が短いだけに「思っている以上に出ていませんので、しっかり目に焼き付けてください」と客席に呼びかける。すると伊藤は、笑いながら「舞台挨拶に来られるような分量ではないですよね?」とチクリ。大久保は「私が『来たい!』って言っているのなら頭おかしいですけど」と述べたうえで、「確かに来られる分量ではないです」と認めていた。

その後も大久保は、初対面の忽那に対し「20年前の私を見るようでした。20年後は、こうなるかもしれません」と語りかけ、蔵方監督には「炎天下の撮影で、すっごく演出してくるので、早めに終わらせたかった」と冗談交じりにブーイング。「最近“キャッと”驚いたことは?」と問われると、「二日酔いで朝起きて、食べるものを探したらリンゴがあって。丸かじりしているところ鏡を見たら、本当にまるでメスゴリラだった」と告白し場内を沸かせた。

映画はスランプに陥った小説家の勝(伊藤)が、1匹のネコとの出あいをきっかけに、田舎の古民家で“ねこあつめ”する姿を映し出す。締めの言葉では、登壇陣に「語尾に『にゃん』をつけて」とリクエストが。伊藤は「ネコがとても可愛い、心温まるストーリーになっています。ぜひ劇場に足を運んでほしいにゃん」と堂々と話したが、忽那は「すっごく緊張します……。今から見る映画を楽しんでほしいにゃん」と大照れでアピールしていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi