山田孝之「ジョジョ」最凶の殺人鬼の役作りは「いろいろな殺し方をずっと考えていた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年4月6日 > 山田孝之「ジョジョ」最凶の殺人鬼の役作りは「いろいろな殺し方をずっと考えていた」
メニュー

山田孝之「ジョジョ」最凶の殺人鬼の役作りは「いろいろな殺し方をずっと考えていた」

2017年4月6日 12:00

ギョッとするビジュアルに「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」

ギョッとするビジュアルに
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 荒木飛呂彦氏の人気漫画を実写映画化する「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」で、山田孝之が殺人鬼・アンジェロ(本名:片桐安十郎)の凶悪かつ残忍な精神を体現している。東京・世田谷区の東宝スタジオではアンジェロが刑事に取り調べされるシーンが撮影され、“史上最狂の凶悪犯”にふさわしい仕上がりの山田が放つ不穏なオーラが、周囲を包み込んだ。

シリーズ累計発行部数1億部を超える「ジョジョの奇妙な冒険」は、ジョースター一族とディオ・ブランドーらの世代・時空を超えた戦いを描く。映画は日本が舞台の第4部「ダイヤモンドは砕けない」を実写化しており、高校生の東方仗助(山崎賢人)がM県S市杜王町の平穏を脅かす存在にたどり着き、精神エネルギーを具現化した“スタンド”を駆使し死闘を繰り広げる。

そして突出した表現力で硬軟問わずさまざまなキャラクターを演じ分ける“カメレオン俳優”山田が、「日本犯罪史上最悪の殺人鬼」と評されるアンジェロに扮する。原作では人生の大半を刑務所で過ごしており、空条承太郎をして「便所のネズミもゲロを吐くようなどす黒い気分」にさせる男と言わしめた。あることがきっかけで、水と一体化し操るスタンド能力“アクアネックレス”に目覚め、刑務所を脱走。故郷である杜王町に舞い戻り、スタンドを使い殺人の快楽におぼれていく。

2016年11月30日、東宝スタジオのセットで、アンジェロが鬼の形相の刑事と対峙するひと幕が撮影。刑事は、ある殺人事件でつかまったその男に「いい加減に答えたらどうだ。お前は何人殺してきたんだ?」と語りかけるが、沈黙を貫くふてぶてしい態度にぶち切れ「片桐ーッ!!」と絶叫する。すると、背後から異常な殺気が。コンクリートの壁は謎のシミで覆われており、アンジェロは恐怖の悲鳴を上げる刑事を目の前に、ニヤリと笑う。


画像2

[拡大画像]

カメラに振り向いた山田の姿に、ギョッとさせられる。眉毛が剃り落とされた土気色の顔面、重いまぶたの奥で鈍く光る瞳、不気味に上下する口角。山田の一挙手一投足が殺人鬼の雰囲気をまとっていた。16年9月の製作発表会見で、山田は「わりと素に近いと思います。なのでリラックスして演じられると思う」「僕はこういった役なので変わらずに、夜道を歩くときは誰かを狙います。一応大きな組織に属しているので、本当にはしないですが精神的に狙います」などユーモラスに述べていたが、もちろんジョーク。その際を振り返り「あれはギャグです(笑)」と話し、改めて役へのアプローチを「けれども、猟奇殺人をする人の気持ちはわからないですが、とにかく考えることですね。人が歩いたりするのを見て、いろいろな殺し方を頭の中でずっと考えていました」と真摯に語った。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」は、ほか神木隆之介小松菜奈岡田将生真剣佑伊勢谷友介らが共演。8月4日から全国公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi