走り続けて16年!「ワイルド・スピード」ファミリーの軌跡をたどるダイジェスト映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年4月5日 > 走り続けて16年!「ワイルド・スピード」ファミリーの軌跡をたどるダイジェスト映像公開
メニュー

走り続けて16年!「ワイルド・スピード」ファミリーの軌跡をたどるダイジェスト映像公開

2017年4月5日 15:00

最新作の撮影風景も挿入「ワイルド・スピード」

最新作の撮影風景も挿入
(C)Universal Pictures
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気カーアクションシリーズの最新作「ワイルド・スピード ICE BREAK」の公開を記念し、シリーズのこれまでの軌跡を振り返るダイジェスト映像が製作された。過去作の映像だけでなく、ビン・ディーゼルをはじめとするキャスト陣がナレーションを務めるファン垂ぜんの内容となっているほか、最新作のメイキング映像も挿入されている。

シリーズ第8弾となる今作では、ドミニク(ディーゼル)の裏切りによって、ファミリー(仲間)の絆が崩壊していくさまを描く。ドウェイン・ジョンソンミシェル・ロドリゲスタイリース・ギブソンジェイソン・ステイサムカート・ラッセルらが続投するほか、シャーリーズ・セロンヘレン・ミレンスコット・イーストウッドが新たに加わる。

映像は、ドミニクの「スピードを愛して生きてきた。他はいらねえ。走っている間だけ俺は自由だ。この道は、どこにでも行ける。友やファミリーの元へ」という語りから始まる。ファミリーの一員ホブス(ジョンソン)が「俺たちはファミリーのためなら命をかける」と言い切り、それぞれが「共に走る」と絆の強さを強調。映像には、2013年にこの世を去った故ポール・ウォーカーさんが演じたドミニクの相棒ブライアン・オコナーの姿も登場する。

最新作のメイキングでは、ビルから車が次々と落ち、巨大な鉄球に吹き飛ばされるシーンの舞台裏が確認できる。シリーズをけん引するディーゼルは「最悪の敵が登場だ。ファミリーの絆が試される。ファンの期待をはるかに超える最高の作品だ。これが『ワイルド・スピード』だ」と自信をみなぎらせている。

ワイルド・スピード ICE BREAK」は、4月28日から全国公開。

(映画.com速報)
ワイルド・スピード ペンタロジー(デジタルコピー付)[Blu-ray/ブルーレイ] ワイルド・スピード ペンタロジー(デジタルコピー付)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,571 人気カーアクション『ワイルド・スピード』シリーズ5作品をセットにしたペンタロジー(5部作)セット。「ワイルド・スピード」「ワイルド・スピードX2」「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」「ワイルド・スピードMAX」「ワイルド・スピード MEGA MAX」の5作品を収録。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi