「ラ・ラ・ランド」デイミアン・チャゼル監督のスリラー脚本が7年越しで映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年4月1日 > 「ラ・ラ・ランド」デイミアン・チャゼル監督のスリラー脚本が7年越しで映画化
メニュー

「ラ・ラ・ランド」デイミアン・チャゼル監督のスリラー脚本が7年越しで映画化

2017年4月1日 23:30

ここにも「ラ・ラ・ランド」効果「ラ・ラ・ランド」

ここにも「ラ・ラ・ランド」効果
写真:REX FEATURES/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]現在大ヒット中の「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督による脚本「The Claim(原題)」が、映画化されることが決定した。

本作は、前科のあるシングルファーザーが主人公のスリラー。主人公は、誘拐された娘の居場所を突き止めようとするが、その少女は自分たちの子どもだと主張する謎の夫婦と対立するというストーリーだ。

脚本は2010年のブラックリスト(製作前の優秀脚本リスト)に選出されており、7年越しで映画化が実現。米Deadlineによれば、チャゼル監督はメガホンをとらないという。今年中に撮影を開始し、18年全米公開を目指す。

ラ・ラ・ランド」でアカデミー賞監督賞を史上最年少で受賞したチャゼル監督は脚本賞の候補にも挙がり、出世作「セッション」(14)でも同脚色賞にノミネートされていた。今後は、「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリングと再タッグを組み、米宇宙飛行士ニール・アームストロングの伝記映画「ファーストマン(原題)」の撮影にまもなく入る予定だ。

(映画.com速報)
セッション Blu-rayコレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] セッション Blu-rayコレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,000 狂気に満ちた鬼教師が青年を追い詰める様を描く、驚愕の音楽青春ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi