星野源に第9回伊丹十三賞!「人生を丸ごと認めていただいたように嬉しい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年3月28日 > 星野源に第9回伊丹十三賞!「人生を丸ごと認めていただいたように嬉しい」
メニュー

星野源に第9回伊丹十三賞!「人生を丸ごと認めていただいたように嬉しい」

2017年3月28日 14:10

第9回伊丹十三賞を受賞した星野源「恋」

第9回伊丹十三賞を受賞した星野源
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優、シンガーソングライター、文筆家と多方面で活躍する星野源が、第9回伊丹十三賞を受賞した。星野は、「こうして伊丹十三賞をいただけたことは、身に余る光栄であり、人生を丸ごと認めていただいたように嬉しいです。これからも手探りで活動を続けたいと思います。本当に、有難うございます」と喜びのコメントを寄せている。

埼玉出身の星野は、学生時代に音楽と演劇活動を開始し、2013年に初主演映画「箱入り息子の恋」や園子温監督作「地獄でなぜ悪い」で、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。NHK大河ドラマ「真田丸」や「コウノドリ」などドラマ出演も続くなか、16年に新垣結衣との共演作「逃げるは恥だが役に立つ」で“逃げ恥ブーム”を巻き起こした。

ミュージシャンとしては、「逃げ恥」の主題歌「」を手がけ、こちらも大ヒット。ドラマキャストが踊る「恋ダンス」を真似するファンが続出した。同曲を引っさげて、「第67回NHK紅白歌合戦」にも出場(2年連続)するなど、その年の“顔”ともいえる活躍を見せた。現在は、声優として主演を務めた「夜は短し歩けよ乙女」が公開待機中。また3月30日には、最新エッセイ集「いのちの車窓から」を発表する。

ひとつのジャンルに留まることなく、多彩な活躍を続ける星野に対し、伊丹十三賞選考委員会は「音楽、エッセイ、演技のジャンルを横断し、どこか息の詰まる時代に、エンターテイナーとして驚くような風穴を開けてしまった星野的表現世界に」と授賞理由を発表している。

これまでに糸井重里、タモリ、森本千絵池上彰リリー・フランキー是枝裕和監督らに贈られた同賞。星野は、受賞の知らせを受け「本当に驚いています。自分にとって伊丹さんの存在は、遥か遠くに見える灯台のようでした。しかし、その灯りへはどうやっても辿り着けないようにできていて、その活動の姿勢や後ろ姿から、暗に『君は君の場所を作れ』と言われているようにいつも感じていました」と率直な思いを明かしている。

なお、同賞の選考委員は周防正行、中村好文、平松洋子、南伸坊が務め、贈賞年の前年1月1日~12月31日の期間に発表された作品などの業績を対象としている。贈呈式は、4月17日午後6時から都内で開催される予定。

(映画.com速報)
箱入り息子の恋 Blu-rayファーストラブ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 箱入り息子の恋 Blu-rayファーストラブ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,555 俳優でミュージシャンの星野源が映画初主演を飾り、内気で恋愛経験のない35歳の独身男が、目の不自由な女性に恋をしたことから急激に変化していく姿と、彼らをとりまく家族の姿を描いたドラマ。
地獄でなぜ悪い[Blu-ray/ブルーレイ] 地獄でなぜ悪い[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,998 園子温監督によるバイオレンス・アクション・ラブコメディ!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi