米国発の3DCGアニメ「RWBY」日本語版が7月からTV放送! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年3月27日 > 米国発の3DCGアニメ「RWBY」日本語版が7月からTV放送!
メニュー

米国発の3DCGアニメ「RWBY」日本語版が7月からTV放送!

2017年3月27日 10:30

「RWBY」の一場面

「RWBY」の一場面
(C)2017 Rooster Teeth Productions, LLC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米国発の3DCGアニメーションシリーズ「RWBY」の日本語吹き替え版が、VOLUME1~3を特別編集した「RWBY Volume 1-3 : The Beginning」として、7月からTOKYO MXで放送されることが決定した。

「RWBY」は、北米のCGプロダクションスタジオ「ルースターティースプロダクション」によるウェブアニメシリーズで、日本のアニメを愛好するスタッフ(VOLUME1と2はモンティ・オウム監督、VOLUME3はケリー・ショウクロス監督)によって制作されている。YouTubeのシリーズ総再生回数は1億回を突破し、現在VOLUME4まで配信中。2015年には、早見沙織日笠陽子下野紘洲崎綾豊口めぐみら人気声優を迎えた日本語吹き替え版が公開された。

物語の舞台は、科学技術と魔法が同居する世界「レムナント」。獣の器官を持った獣人・ファウヌスやグリムと呼ばれるモンスターの存在によって、人間たちは長い間危険にさらされていたが、グリムの討伐&治安の維持を行う・ハンターの活躍によって平和な生活がもたらされた。ハンター養成学校「ビーコン・アカデミー」に入学した少女ルビー・ローズが、仲間とともに成長していく姿を描く。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi