永野芽郁、三浦翔平より白濱亜嵐派!? 2人の“お兄様”と恋に生きた「ひるなかの流星」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年3月26日 > 永野芽郁、三浦翔平より白濱亜嵐派!? 2人の“お兄様”と恋に生きた「ひるなかの流星」
メニュー

永野芽郁、三浦翔平より白濱亜嵐派!? 2人の“お兄様”と恋に生きた「ひるなかの流星」

2017年3月26日 08:00

3人の仲が良すぎる!「ひるなかの流星」

3人の仲が良すぎる!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「女子中高生の初恋のバイブル」と称される、やまもり三香氏の人気コミックを実写化した「ひるなかの流星」が、3月24日から全国公開されている。「俺物語!!」でキュートな魅力を振りまいた永野芽郁が映画初主演を飾り、三浦翔平白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が強力サポート。若年層に絶大な人気を誇る3人が、撮影の日々を和気あいあいと振り返った。(取材・文/編集部、写真/江藤海彦)

好きな人と目が合うだけで、飛び上がるほど嬉しい。既読がついたLINEの返信が来るまでは、まるで人生がかかっているかのようにドキドキしてモヤモヤする。ド田舎から東京に越してきたすずめ(永野)、ちょっと軟派だけど思いやりのある担任教師・獅子尾(三浦)、女子に免疫がないイケメン同級生・馬村(白濱)による三角関係を通じ、「四月は君の嘘」の新城毅彦監督が恋愛の楽しさ、切なさ、喜びをみずみずしく活写した。

撮影現場では極めて良好な関係を構築できたようだ。インタビュー中、三浦は永野を「ちんちくりん」と親しみを込めて呼び、「今日の格好、大人っぽいじゃん!」と声をかける。永野は「いつもですっ!」と頬を膨らませてみせ、白濱はその光景にコロコロと笑った。三浦は大人の余裕とクールな視座で安定をもたらし、白濱は人懐っこい笑顔と軽妙な語り口が魅力的だ。永野はそんな2人を「お兄様」と表現し、頼もしそうに身を任せている。

撮影は2016年10~11月に行われ、屋外ロケでは容赦のない寒さに苦労したという。白濱が「ラストシーンは長野県で、死を覚悟するくらい寒かった……。芽郁ちゃんはただでさえ色白なのに、それがさらに白くなって、画用紙みたいな色でした」と話せば、永野は「してないわ! どういう色(笑)。限界が来たときもありましたが、ロケバスに豚汁が置いてあって幸せでした」としみじみ。すると長野ロケに参加していなかった三浦は、「こっちは、そういう温かいものは一切なかった。いいですねえ、若者に甘い現場ですね」と遠い目だ。「公園を歩くシーンで、一緒におでん食べたじゃないですか!」(永野)、「……食べたね!」(三浦)、「食べてるじゃないですか」(白濱)

また3人は、演じた役どころにどんな思いを持ったのだろうか。恋愛の純粋なきらめきが包み込む今作だけに、口火を切った三浦は「最近はドロドロものに出演していたから、頭を切り替えないと」と苦笑しつつ、「獅子尾の恋には、共感できないかもしれませんねえ」と答える。

三浦「先生が生徒に恋心を寄せてしまったら、今のご時勢、コンプライアンスが……。ま、それは置いといて。それでも共感できるポイントは、獅子尾が最大の言葉で思いをすずめに伝えていくところです」

白濱「馬村の『初対面の人が苦手』なところは、自分と一緒です。僕も“恥ずかしいオーラ”が出ますから」

永野「最初、確かにそうでしたよ。白濱さんは『心を開いてくれないかも』と思うくらい、本当に壁がありました。でもいつからか忘れましたが、スッと仲良くなれましたね。現場に入るとき(猫なで声で)『おはよ~』って」

三浦「気がついたら2人が仲良くなっているんですよ。(疎外感を覚えつつ)いいんですけどね……」

永野「実際に恋愛するなら獅子尾と馬村どっちを選ぶ、ですか? 馬村を選びます。すずめの前だけで見せる姿が、すごく魅力的だからです」

三浦「そうなんですよ。(再び遠い目で)獅子尾もすずめの前でだけ見せる姿があるのに、芽郁ちゃんは馬村を選ぶんですよねえ」

永野「すずめは獅子尾先生の大人な部分に惹かれていますが、客観的に見たときに『あの余裕には、自分はついていけない』と思っちゃいます。でも、獅子尾先生もちゃんと好きですよ!」

三浦「じゃあ、『先生も好きですが』って最初につけよう」

永野「先生もすごく好きなんですが、実際に恋をするとなると馬村ですね! これで100点? これからはそう言いますね(笑)!」

白濱「それ100点だね! いろんな取材が終わっちゃったけど、やっと正解見つけた!」

今作を経て、抜群の相性であることは証明された。3人のこれからの共演に、期待が膨らむばかりだ。

(映画.com速報)
映画「俺物語!!」(通常版)[Blu-ray/ブルーレイ] 映画「俺物語!!」(通常版)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,836 いかつい顔面と屈強な肉体を持った男が主人公という少女漫画としては異色の設定で人気を博す同名コミックを、NHK朝ドラ「花子とアン」や映画「HK 変態仮面」など幅広く活躍する鈴木亮平の主演で実写映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi