藤木直人、音楽劇「魔都夜曲」で自由奔放な御曹司役に! マイコ、小西遼生らと共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年3月25日 > 藤木直人、音楽劇「魔都夜曲」で自由奔放な御曹司役に! マイコ、小西遼生らと共演
メニュー

藤木直人、音楽劇「魔都夜曲」で自由奔放な御曹司役に! マイコ、小西遼生らと共演

2017年3月25日 11:00

舞台は1930年代の“魔都”上海

舞台は1930年代の“魔都”上海
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 藤木直人が、1930年代の“魔都”上海を舞台にした音楽劇「魔都夜曲」に主演することがわかった。実在の人物をモチーフにした御曹司役を演じ、マイコ、小西遼生橋本さとしと共演する藤木は「上海は当時の日本からみたら魅惑的な魔都と呼ぶにふさわしい街。そんな上海を舞台にした音楽と物語を是非楽しんでいただけたらと思います」とアピールしている。

マキノノゾミが脚本を手がけ、河原雅彦が演出を務める本作は、日本政府の要人を父に持つ御曹司・白河清隆(藤木)を中心にした群像劇。生バンドのジャズの音色と共に、エキゾチズムあふれる上海の歴史に隠された恋の行方や、時代の光と影を描き出している。白河役のモチーフとなったのは、父・近衛文麿首相の秘書官を務め、出征後にシベリア抑留中41歳の若さで亡くなった近衛文隆。文隆の逸話から着想を得て、ドラマティックな物語が紡がれている。

藤木は自身の役どころについて「(白河は)由緒ある公家の血筋でありながら自由奔放な御曹司で、2人の中国人兄妹とので出会いをきっかけに戦争に向かって進む大きなうねりに巻き込まれていきます」と説明。美しくも妖しいタイトルに心惹かれたというヒロイン・周紅花(チョウ・ホンファ)役のマイコは「自分にとって挑戦多き作品になりそうですが、“魔都”の言葉通り、観客の皆様を舞台の世界に迷わせ、一度見たら忘れられない、そんな作品になればと思います」と語っている。

紅花の兄・周志強(チョウ・チーチャン)を演じる小西は「激動の時代を生きる人々の生命力を感じることが出来る作品」を目指したいと話し、物語の舞台となるジャズクラブ「ル・パシフィーク」の支配人・新田日出夫役の橋本は「マキノさんが書いた台詞の中で生き生きと新田の言葉を吐き、河原リーダーの演出で、謎めいた50歳の枯れた色気を引きずり出してもらおう(笑)。はい、他力本願です」と茶目っ気たっぷりに述べている。

実力派俳優陣をまとめあげる河原氏は「僕の仕事は、マキノさんの重厚な脚本を華やかかつ、スリリングなエンタメとしていかに舞台上で昇華させること」と意気込みを明かしつつ「藤木さん、マイコさんを始め、多芸に秀でた魅力的なキャスト陣がドバっと集結してくれたことはとても心強いですね」とコメントを寄せている。「魔都夜曲」は、7月7~29日に渋谷・Bunkamuraシアターコクーン、8月5、6日に愛知・刈谷市総合文化センター、8月9~13日に大阪・サンケイホールブリーゼで上演。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi