ハリウッドで脚本家組合が再びストの可能性 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年3月18日 > ハリウッドで脚本家組合が再びストの可能性
メニュー

ハリウッドで脚本家組合が再びストの可能性

2017年3月18日 19:00

2007年にストライキを行った米脚本家組合(WGA)

2007年にストライキを行った米脚本家組合(WGA)
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2007年にストライキを行った米脚本家組合(WGA)が、再びストライキを辞さない強硬姿勢であることが明らかになった。ロサンゼルス・タイムズ紙が報じている。

西支部と東支部を合わせて約1万3000人の脚本家を抱える同組合は、3月13日から映画会社やテレビ局側の業界団体AMPTP(Alliance of Motion Picture and Television Producers)との契約更改交渉を開始する。14年に締結した3年契約が満了するためだが、活況を呈するストリーミングサービスからの配分増を求めるWGAと、従来のビジネスモデルで収益がダウンしている映画会社、テレビ局とのあいだの交渉は厳しいものになりそうだ。

WGAは、07年にAMPTPとの交渉が決裂したのをきっかけにストに突入。構成作家が参加しなくなったためにすぐにトーク番組が収録中止となり、ドラマや映画も製作延期に追い込まれた。3カ月続いたストライキによりロサンゼルスが被った経済損失は、32億ドルにも及んだと言われている。現行契約が失効する5月1日まで、タフな交渉が展開されることになりそうだ。

(映画.com速報)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi