25年ぶりに故郷を発見した張本人「LION」サルー・ブライアリー氏が初来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年3月14日 > 25年ぶりに故郷を発見した張本人「LION」サルー・ブライアリー氏が初来日
メニュー

25年ぶりに故郷を発見した張本人「LION」サルー・ブライアリー氏が初来日

2017年3月14日 17:00

寺田心くんと一緒に「LION ライオン 25年目のただいま」

寺田心くんと一緒に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 5歳で迷子になった男性が、Google Earthを駆使して25年ぶりに生まれ故郷を見つけ出した実話を映画化した「LION ライオン 25年目のただいま」のモデルで、原作書籍の著者であるサルー・ブライアリー氏が初来日を果たした。3月13日、都内で行われた試写会に来場。会場には人気子役の寺田心くんも駆けつけ、ブライアリー氏に花束を手渡した。

第89回アカデミー賞で6部門にノミネートされた実話ドラマ。インドの貧しい村で暮らす5歳の少年サルー(サニー・パワールくん)は、停車中の長距離列車で眠り込んでしまい、見知らぬ土地に運ばれてしまう。やがてオーストラリアの夫婦の養子となったサルーは、友人のアドバイスを受け、Google Earthで故郷を探し始める。

現在は養父母の住むオーストラリアのタスマニアに暮らすブライアリー氏は、自身の半生を描いた映画について「見る前は、恐らくあまり心動かされることはないだろうと思っていたのですが、5分、10分と進むごとに引き込まれ、事件にドキドキしている自分がいました。自分の身に起きたことを外側から見ているようで、当時を思い出しましたが、こうやって違う視点で見ることは必要なことでした。見終えて、自分はなんて幸運だったのかと家族への感謝を新たにしました」と感慨深げに語る。

映画ではサルーの旅路と共に世界の子どもたちが直面する貧困、虐待、搾取、人身売買といった様々な問題が描かれている。ブライアリー氏自身、自らが携わる養子縁組の支援活動に尽力しており、映画が伝えるメッセージの1つとして「養子縁組の門戸をより開いてほしい。家族を作るという選択が必ずしも血縁によるものだけではなく、選択する自由が広がることを望んでいます」と訴えた。

心くんはブライアリー氏に「迷子でいるときはどんな気持ちでしたか?」「お母さんと再会したときはすぐにわかりましたか?」などと質問。ブライアリー氏は「人間は強いから前に進もうとするし、宇宙の力が守ってくれているようだったよ」「最初は数秒必要だったけど、顔を見てお母さんだってわかったよ。すごく大切な瞬間でした」などと優しく解答。心くんは「この映画を見て、もっと世界中の友達のことを知りたいって思いました。僕に何ができるのか?と考えたら、知ることが大事だと思いましたし、多くの人にこの映画のことを知ってほしいです」と大人顔負けのコメントで訴え、会場は温かい拍手に包まれた。

LION ライオン 25年目のただいま」は、「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテルが大人になったサルーを演じるほか、オスカー女優ニコール・キッドマンがサルーの育ての親スー、「キャロル」のルーニー・マーラがサルーの恋人ルーシーにそれぞれ扮する。4月7日から全国公開。

(映画.com速報)
スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray/ブルーレイ] スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,071 逆境に負けることなく、愛と希望を手に運命を勝ち取っていく少年を描いたエンタテイメントムービー!第81回アカデミー賞で最多の8部門、第66回ゴールデングローブ賞で最多の4部門を受賞!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi