木下優樹菜、悲しみのなかで見せた夫フジモンの“芸人魂”告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年3月9日 > 木下優樹菜、悲しみのなかで見せた夫フジモンの“芸人魂”告白
メニュー

木下優樹菜、悲しみのなかで見せた夫フジモンの“芸人魂”告白

2017年3月9日 15:00

取材に応じた木下優樹菜「映画かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界」

取材に応じた木下優樹菜
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントの木下優樹菜が3月9日、都内のスタジオで行われた「映画かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界」の公開アフレコに臨んだ。収録後には取材に応じ、ゲスト声優としての意気込みや家族に対する思いを語った。

木下は3月5日、 夫・藤本敏史(お笑いコンビ「FUJIWARA」)の父が死去したことを自身のブログで明かしていた。藤本の様子を問われると、「泣いてはいたんですけど、余韻に浸ることなく。鬼のように忙しくて、すぐ飛行機に乗って移動だったので。ちゃんと気持ちを切り替えて、芸人としてみんなを笑わせに行きました」と、悲しみのなかでも仕事に励んだことを告白した。さらに、所属事務所が同じ小倉優子の離婚騒動にも話が及んだが、「難しい話はわかんないよね、ハッピーだもんね~!」と煙に巻いた。

本作は、物を大切にしている少女こころと、色えんぴつから生まれた物の神様・ラキたまの生活を描くテレビアニメ「ヒミツのここたま」の劇場版。一人前のここたましか行くことができない「ここたま界」を舞台に、ここたまたちが大冒険を繰り広げる。

ゲスト声優の木下は、見習いここたまの憧れである「いちにんまえここたま」で、ここたま界の「ハッピースターおくろう課」メンバーとして活動するクラッカーの神様・ハピピナの声を担当。アフレコでは、声を出すタイミングがわからず苦戦を強いられたため、「皆さんの前でやるのは緊張しますね。(実際のアフレコは)ちょっと前に録ったのですが、忘れちゃいました。でも取り戻しました」と吐露した。

家族そろって「ここたま」ファンだという木下。公開時には「ばれないように見に行きたいなと。もし一緒の映画館で見ていると気づかれると、気を使わせてしまうかもしれないので。『皆さんがどういうリアクションをするんだろう』という楽しみがあるので、ばれないように行きたい。違う場所で、3回くらい見たいな」と期待を寄せた。

映画かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界」は、4月28日から公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi