山田洋次監督、60年来の夢「マリウス」開幕「渥美清さんが面白いと言ってくれる作品に」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年3月6日 > 山田洋次監督、60年来の夢「マリウス」開幕「渥美清さんが面白いと言ってくれる作品に」
メニュー

山田洋次監督、60年来の夢「マリウス」開幕「渥美清さんが面白いと言ってくれる作品に」

2017年3月6日 15:12

山田洋次監督が脚本・演出、今井翼が主演する音楽劇「マリウス」「男はつらいよ」

山田洋次監督が脚本・演出、今井翼が主演する音楽劇「マリウス」
[拡大画像]

[映画.com ニュース]山田洋次監督が脚本・演出を手掛け、「タッキー&翼」の今井翼が主演する音楽劇「マリウス」が3月6日、東京・千代田区の日生劇場で開幕。本番前にゲネプロ(通し稽古)が報道陣に公開された。

仏の国民的作家マルセル・パニョルによる同名戯曲が原作で、山田監督が約60年前に読んで以来、舞台化を思い描いていた作品。「男はつらいよ」シリーズの人物相関図のベースにしたことも公言しており、「夢みたいで、うれしいですよ。渥美清さんが見て面白い、良かったよと言ってくれる作品でありたい」と思いをはせた。

主人公のマリウスとして約1カ月稽古を積んできた今井は、「山田監督の下で、素晴らしい役者の方々の胸をお借りしているので、大船に乗った気持ちでいます」と自信の笑み。 「僕の踊りを見てくださって、生かしていただいた」と習っているフラメンコも披露し、山田監督は「最初の読み合わせに比べれば、別人のよう。こんなに成長するとは予想していなかった。素晴らしいマリウスをつくってくれた」と太鼓判を押した。

ヒロイン・ファニー役の瀧本美織も、「稽古でやってきたこと、自分を信じてファニーを大切に生きたい。頑張ります」と笑顔。2人でフラメンコを踊るシーンもあり、「翼さんにリードしていただいて、楽しく踊っています。楽しみにしてください」と全幅の信頼を寄せた。

子供の頃のあだ名がタッキーだった瀧本と新“タキツバ”結成となった今井は、「あのタッキー(滝沢秀明)も見に来てくれると思う」とニヤリ。さらに、「稽古は毎日が目の覚める思いで、この喜びをかみしめて演じたい。それに、監督と連絡先を交換できたのが何よりうれしい。女の子に連絡先を聞いた時以上にうれしかった」と声を弾ませていた。

他に柄本明、林家正蔵らが共演で、公演は今月27日まで。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi