「ラブ・アクチュアリー」続編、チャリティ番組向けの短編で14年後を描く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年2月17日 > 「ラブ・アクチュアリー」続編、チャリティ番組向けの短編で14年後を描く
メニュー

「ラブ・アクチュアリー」続編、チャリティ番組向けの短編で14年後を描く

2017年2月17日 12:00

「ラブ・アクチュアリー」の一場面「ラブ・アクチュアリー」

「ラブ・アクチュアリー」の一場面
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロマンティックコメディ「ラブ・アクチュアリー」(03)の続編が、10分の短編映画として製作されると、英ガーディアン紙が報じた。ヒュー・グラントリーアム・ニーソンコリン・ファースキーラ・ナイトレイビル・ナイローワン・アトキンソンアンドリュー・リンカーンらオリジナルキャストの多くが、それぞれの役の14年後を演じる予定だ。

同作はクリスマス直前のロンドンを舞台に8組のカップルの恋模様を描く群像劇で、欧米ではクリスマス映画の定番となっている。脚本・監督を務めたリチャード・カーティスは、イギリスで3月24日に放送されるチャリティ番組「レッド・ノーズ・デイ」のために、「レッド・ノーズ・デイ・アクチュアリー」と題した短編映画を製作したと発表。「『ラブ・アクチュアリー』の続編を執筆しようとは考えたことはありませんでした。でも、お馴染みのキャラクターがいまどうなっているのか、10分間で描くのは面白いかもしれないと思ったのです」とコメントした。

そして、「彼らと14年ぶりに再会し、それぞれのキャラクターを再び作り上げる姿を見たら、ノスタルジーに浸ることになりそうです」と撮影に期待を寄せている。なお、キャストにエマ・トンプソンの名前はないが、これは夫役を演じたアラン・リックマンが昨年1月に死去したことと関係がありそうだ。

ちなみに、カーティス監督は、テレビ脚本家時代にアフリカ支援のためのチャリティー番組「コミック・リリーフ」を立ち上げている。「レッド・ノーズ・デイ」とは、貧困の子どもたちを救うためのチャリティ番組で2年に1度放送。子供たちを笑わせるために、出演者が赤い鼻をつけることから名付けられた。なお、アメリカにも「レッド・ノーズ・デイ」は上陸しており、5月25日に全米放送予定だ。

(映画.com速報)
ラブ・アクチュアリー 日本語吹替収録版[Blu-ray/ブルーレイ] ラブ・アクチュアリー 日本語吹替収録版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,542 クリスマス前のロンドンを舞台に、19人の登場人物のそれぞれの愛の形を描いたハートウォーミング・ラブストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi