L・M・モンゴメリーの名作児童文学を新たに映画化!「赤毛のアン」5月6日公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年2月16日 > L・M・モンゴメリーの名作児童文学を新たに映画化!「赤毛のアン」5月6日公開決定
メニュー

L・M・モンゴメリーの名作児童文学を新たに映画化!「赤毛のアン」5月6日公開決定

2017年2月16日 15:00

モンゴメリー氏の孫が製作総指揮として参加「赤毛のアン(1986)」

モンゴメリー氏の孫が製作総指揮として参加
(C)2015 GABLES PRODUCTIONS INC.
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] カナダの女流作家ルーシー・モード・モンゴメリー氏が1908年に出版した名作児童文学を新たに実写映画化した「L.M. Montgomery's Anne of Green Gables」(原題)が、「赤毛のアン」の邦題で5月6日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開されることが決定した。

赤毛、そばかすだらけ、やせっぽっち、お世辞にも美人とは言えないアン・シャーリーだが、豊かな想像力と軽妙なトークでたちまち周囲をとりこにしてしまう--。100年以上もの間、世界中の人々に広く親しまれる物語を、モンゴメリー氏の孫であるケイト・マクドナルド・バトラーを製作総指揮に迎えて実写化した。

プリンス・エドワード島に住む年配のマシュウ&マリラ兄妹の家(グリン・ゲイブルス)に、赤毛の少女アンがやって来たのは、ちょっとした手違いからだった。兄妹は戸惑いながらも、アンとの生活を楽しむようになる。アンは豊かすぎる想像力のせいで次々と騒動を起こしてしまうが、ダイアナとの友情、ハンサムなギルバートとのケンカ、マシュウからの素敵なクリスマスプレゼントなどを経験し、グリン・ゲイブルスに欠かせない“家族”となっていく。

オーディションで抜てきされたカナダの新星エラ・バレンタインが主演し、アンを魅力たっぷりに好演。さらに「地獄の黙示録」などで知られる名優マーティン・シーンがアンをこよなく愛するマシュウを演じ、カナダで長年活躍する女優サラ・ボッツフォードが厳格だが愛情深いマリラに扮する。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi