美術監督組合賞に「ラ・ラ・ランド」「Hidden Figures」「パッセンジャー」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年2月14日 > 美術監督組合賞に「ラ・ラ・ランド」「Hidden Figures」「パッセンジャー」
メニュー

美術監督組合賞に「ラ・ラ・ランド」「Hidden Figures」「パッセンジャー」

2017年2月14日 12:00

「ラ・ラ・ランド」の一場面「ラ・ラ・ランド」

「ラ・ラ・ランド」の一場面
Photo courtesy of Lionsgate. (C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米美術監督組合(ADG)が主催する第21回ADG賞が2月11日(現地時間)、米ハリウッドで発表された。

同組合の会員が選考するADG賞は、映画やテレビドラマだけでなく、テレビコマーシャルやミュージックビデオまでを対象に、優れたプロダクションデザイナーや美術監督を表彰する。長編映画部門では、時代映画(Perid Film)、ファンタジー映画(Fantasy Film)、現代映画(Contemporary Film)と3つのジャンルに分かれている。

現代映画部門は「ラ・ラ・ランド」のデビッド・ワスコ、時代映画部門は「Hidden Figures」のウィン・トーマス、ファンタジー映画部門は「パッセンジャー」のガイ・ヘンドリックス・ディアスが選ばれた。このうち「ラ・ラ・ランド」と「パッセンジャー」は、第89回アカデミー賞美術賞にノミネートされている。

テレビ部門も番組形態や放送時間、撮影手法などによりジャンルが細分化されており、シングルカメラ部門では、「ウエストワールド」のネイサン・クロウリー(時代劇/ファンタジー1時間シリーズ)、「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」のアナスタシア・ホワイト(現代劇1時間シリーズ)、「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」のトンマーゾ・オルティーノ(30分シリーズ)が受賞。テレビ映画/リミテッドシリーズ部門では「ナイト・オブ・キリング 失われた記憶」のパトリツィア・フォン・ブランデンスタイン、マルチカメラシリーズ部門にはシットコム「THE GREAT INDOORS(原題)」のグレンダ・ロベロが選出された。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi