銚子電鉄と女子高生のレース!新人女優・松風理咲「トモシビ」で映画初主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年2月10日 > 銚子電鉄と女子高生のレース!新人女優・松風理咲「トモシビ」で映画初主演
メニュー

銚子電鉄と女子高生のレース!新人女優・松風理咲「トモシビ」で映画初主演

2017年2月10日 11:00

映画初主演「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」

映画初主演
(C)2017 トモシビパートナーズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 新人女優の松風理咲が、「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」で劇場公開映画初出演を果たし、主演を務めていることがわかった。電車と走って勝負しようとする女子高生に扮する。

吉野翠氏の著書「トモシビ 銚子電鉄の小さな奇蹟」(TO文庫刊)で、短編で綴られた物語を原作に映画化。高校生ランナーの椎名杏子(松風)を主人公に据え、1923年から走り続ける銚子電鉄とともに暮らす人々の交流を描いた。

母・小百合と千葉・銚子で暮らす杏子は、銚子電鉄と高校生ランナーとのレースを企画。地元メディアの注目を集めるが、最終ランナーが決まらず窮地に立たされる。一方の銚子電鉄は、レース直前に部品が故障。小百合の学友で、杏子に疎まれている運転士の磯崎洋一は、レースを諦めそうになるが、杏子に思いもよらぬ言葉を投げかけられる。同じ頃、杏子と顔見知りの鉄道オタクの青年・熊神守は、人生に疲れ果て銚子を訪れたキミエに一目ぼれし、キミエの世話をするうちに距離を縮めていく。

小百合を富田靖子、磯崎をお笑いコンビ「よゐこ」の有野晋哉、熊神を前野朋哉、キミエをシンガーソングライターの植田真梨恵が演じるほか、銚子電鉄の元関係者に井上順が扮する。

トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」は、5月に千葉・イオンシネマ銚子で先行公開ののち、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi