小松菜奈、関東と関西の笑いに苦労「面白くないと言われた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年2月6日 > 小松菜奈、関東と関西の笑いに苦労「面白くないと言われた」
メニュー

小松菜奈、関東と関西の笑いに苦労「面白くないと言われた」

2017年2月6日 15:00

会見に出席した(左から) 小出恵介、小松菜奈、山本耕史

会見に出席した(左から)
小出恵介、小松菜奈、山本耕史
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 小松菜奈山本耕史が2月6日、東京・渋谷のNHKで行われた、主演ドラマ「スリル! 赤の章・黒の章」の会見に、共演の小出恵介とともに臨んだ。

男女2人の主人公の視点で物語を描く、NHK総合とBSプレミアムの連動ドラマ。NHK総合で放送される「赤の章」は警視庁・庶務係で働く女性職員・中野瞳(小松)が難事件を解決し、BSプレミアム「黒の章」は腹黒い弁護士・白井真之介(山本)が怪事件を巻き起こす。

本作は話数によって監督が異なり、河合勇人原正弘、滝本憲吾、麻生学の4人がメガホンをとる。「赤の章」は小松と小出のコミカルな掛け合いなど、笑いの要素が盛り込まれているが、監督4人の出身地がバラバラだったため(河合は愛知、原と滝本は大阪、麻生は神奈川)、笑いの表現に苦労する場面があったという。「関西の笑いと関東の笑いってちょっと違うんです。だから『面白くない』とか言われたりして(笑)。ひとりひとりの監督の演出も全然違いました」と告白した。

さらに、撮影時の苦労を問われた小松は、「刑事ものなのでセリフ量が多く、いつも苦しめられながら撮影をしています」と苦笑いを浮かべる。これに対し山本は「菜奈ちゃんは、『どれだけしゃべっているんだろう』というくらいのセリフ量だが、しっかりやっていた」と絶賛。小出も、「新たな小松菜奈さん像。チャーミングではじけた小松菜奈さんが見られる」と称えた。

小松は、地上波の連続ドラマ初主演。「ドラマが好きで時間があると見ている」と言い、その魅力を「ドラマはドラマの良さ、映画は映画の良さがある」と力説する。そのうえで「オファーを受けた感想」を聞かれると「素直に嬉しかった」とニッコリ。一方で、「NHKとBSで同時に撮っていくのが想像つかなかった。どんな現場になっていくんだろうなと思っていた。瞳のキャラは、設定に『無表情』って書いてあったが、最初は全然無表情じゃなくて。変な顔をしたりとか(笑)」と戸惑いもあったことを明かした。

「赤の章 警視庁庶務係ヒトミの事件簿」は総合テレビで2月22日から毎週水曜午後10時25分、「黒の章 弁護士・白井真之介の大災難」はBSプレミアムで2月26日から毎週日曜午後10時放送。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi