天龍源一郎、自身のドキュメンタリー公開に感激「馬場さんと鶴田に自慢したい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年2月4日 > 天龍源一郎、自身のドキュメンタリー公開に感激「馬場さんと鶴田に自慢したい」
メニュー

天龍源一郎、自身のドキュメンタリー公開に感激「馬場さんと鶴田に自慢したい」

2017年2月4日 12:30

舞台挨拶に立った 天龍源一郎と染谷将太「LIVE FOR TODAY 天龍源一郎」

舞台挨拶に立った
天龍源一郎と染谷将太
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2015年11月に引退した元プロレスラーの天龍源一郎を追ったドキュメンタリー映画「LIVE FOR TODAY 天龍源一郎」が2月4日に公開。天龍は、ナレーションを担当した俳優の染谷将太川野浩司監督とともに東京・新宿武蔵野館で初日舞台挨拶を行った。

15年2月の引退発表会見から、新日本プロレスに乗り込んでの直訴が実った11月のオカダカズチカとの引退試合までの「引退ロード」と銘打った約9カ月に密着。天龍は、「気恥ずかしい思いもあるが、いいめい土の土産ができた。あの世に行って(ジャイアント)馬場さんとジャンボ鶴田に自慢したい。多分ひんしゅくを買うと思うけれど」と満足げに話した。

染谷は大のプロレスファンで、引退試合も生観戦したが、この日が天龍との初対面だったこともあり「同じ舞台に立っているのが不思議な感じ。控え室も一緒だったけれど、普通に緊張して何もしゃべれなかった。天龍さんが気を使っていろいろと話しかけてくれた」と恐縮気味。すると天龍が、「芸能界の先輩としてご挨拶させていただきました」と語り、笑いを誘った。

それでも、「ナレーションが入ったことでスパイスが効いて、いい感じで自分も楽しめた」と評価。そして、「センチメンタルじゃないが、1試合1試合を監督がうまく収めてくれた。家族がいて、支えてくれる人がいて、負けちゃいけないと思いながらもがいて生き抜いてきたヤツがいると感じもらい、少しでも勇気を持ってもらえたら」と力強く話した。

2年余り、天龍と時間を共にした川野監督は、「映画よりプロレスから学んだことの方が多い。プロレス界に対する恩返しで、このために映画監督になったくらい」と豪語。「天龍さんをやったから、次は安倍(晋三)総理くらいやらないと」と思いをはせ、かつて天龍が米WWEの試合に参戦した際、トランプ大統領と撮った写真があることを明かした。

すると天龍は、「試合会場に行ったらいたんだよ。でもあの野郎、今は日本のことをどうだこうだと言いやがって」とちょっぴりお怒りの様子。川野監督が「じゃあ、天龍さんが行ったらいいじゃないですか。天龍外交で」と薦めたが、「いやいや、それは」と苦笑いで拒んでいた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • LOGAN ローガンの評論 LOGAN ローガン ヒュー・ジャックマンが17年間追い求めてきた魂の最終形がここにある
  • 20センチュリー・ウーマンの評論 20センチュリー・ウーマン 世代の違う三人の個人史として描かれる女性史。演じる女優が素晴らしい!
  • 美しい星の評論 美しい星 原作に真っ向から対峙しつつ巧みに脚色。吉田大八の永年の夢は見事に成就した
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi