「スター・ウォーズ」エピソード8邦題は「最後のジェダイ」に!赤く煌くロゴの意味とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年2月3日 > 「スター・ウォーズ」エピソード8邦題は「最後のジェダイ」に!赤く煌くロゴの意味とは?
メニュー

「スター・ウォーズ」エピソード8邦題は「最後のジェダイ」に!赤く煌くロゴの意味とは?

2017年2月3日 04:00

シリーズ40周年の節目に最新作が公開「スター・ウォーズ」

シリーズ40周年の節目に最新作が公開
(C)2017 Lucasfilm Ltd. & TM.
All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズのエピソード8「スター・ウォーズ:ザ・ラスト・ジェダイ(原題)」の邦題が、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」に決定したことがわかった。ロゴは従来の黄色ではなく赤く縁取られており、タイトルとあわせてファンの憶測を呼びそうだ。

シリーズ第1作が全米で封切られてから40周年のアニバーサリーイヤーに、新作が公開される。「LOOPER ルーパー」のライアン・ジョンソンが監督・脚本を務め、ルーカスフィルム社長キャスリーン・ケネディラム・バーグマンが製作を担当。さらに、製作総指揮には前作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムス監督をはじめ、ジェイソン・マクガトリントム・カーノウスキーが名を連ねている。

タイトルの「最後のジェダイ」は、伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)を指すのか、あるいはフォースに目覚めたレイ(デイジー・リドリー)のことなのか、そして赤いロゴの意味とは。ストーリーの詳細はいまだベールに包まれているが、ジョンソン監督は「『フォースの覚醒』は大冒険でキャラクターを紹介した作品。『最後のジェダイ』はキャラクターを掘り下げ、核心に迫ることになる」と話し、シリーズ史上初めて前作の直後からスタートすることが明らかになっている。

また、製作のケネディは「こんなことは初めて言いますが」と前置きしたうえで、ジョンソン監督について「撮影中のライアンを見ていると、スティーブン・スピルバーグと重なることがあります。ドラマ構築、ユーモアのセンス、カメラワークなど、すごい感性の持ち主なので、みなさん楽しみにして大丈夫です」と太鼓判を押している。「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」は、前作キャストのほかベニチオ・デル・トロローラ・ダーンが新たに参加。12月15日から全国で公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi