Netflix「シェフのテーブル」がベルリン映画祭のキュリナリーシネマ部門に出品 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年2月2日 > Netflix「シェフのテーブル」がベルリン映画祭のキュリナリーシネマ部門に出品
メニュー

Netflix「シェフのテーブル」がベルリン映画祭のキュリナリーシネマ部門に出品

2017年2月2日 04:00

「CHEF'S TABLE シェフのテーブル」シーズン2 からアレックス・アタラ氏「二郎は鮨の夢を見る」

「CHEF'S TABLE シェフのテーブル」シーズン2
からアレックス・アタラ氏
提供:Cassio Vasconcellos/
Lotus PR/AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] Netflixのドキュメンタリー番組「シェフのテーブル」がベルリン国際映画祭のキュリナリーシネマ部門に出品されることになったと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

「シェフのテーブル」は、「二郎は鮨の夢を見る」のデビッド・ゲルブ監督が製作総指揮を務めるドキュメンタリー番組で、世界的に有名なシェフたちを追うNetflixのオリジナルシリーズ。これまでに2シーズン計12話が配信されている。

2月に開幕するベルリン国際映画祭で「シェフのテーブル」のシーズン3が先行上映されることになった。ベルリンのスターシェフ、ティム・ラウエ氏と、韓国の寺で精進料理を提供する尼僧のチョン・クワン氏(Jeong Kwan)が描かれるエピソード計2話が上映され、その後は、ラウエ氏の料理が振る舞われるという。ベルリン国際映画祭は、料理に焦点を当てたキュリナリー・シネマ部門を立ち上げた先駆けとしても知られ、同部門は今年で11回目を迎える。

ベルリン映画祭は2月9日から19日まで。

(映画.com速報)
二郎は鮨の夢を見る[Blu-ray/ブルーレイ] 二郎は鮨の夢を見る[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,553 アメリカ人監督のデビッド・ゲルブが、東京・銀座の名店「すきやばし次郎」の店主で寿司職人の小野二郎さんに密着したドキュメンタリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi