中川大志が葉山奨之に「チュウしていいですか?」 まさかのBL展開にファン爆笑 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月26日 > 中川大志が葉山奨之に「チュウしていいですか?」 まさかのBL展開にファン爆笑
メニュー

中川大志が葉山奨之に「チュウしていいですか?」 まさかのBL展開にファン爆笑

2017年1月26日 21:30

キャスト陣が劇中の胸キュンシーンを再現!「きょうのキラ君」

キャスト陣が劇中の胸キュンシーンを再現!
[拡大画像]

[映画.com ニュース]中川大志飯豊まりえの共演で、みきもと凜氏の人気漫画を実写映画化した「きょうのキラ君」の完成披露試写会が1月26日、東京・イイノホールで開催され、2人をはじめ共演の葉山奨之平祐奈川村泰祐監督が出席。キャスト陣が、劇中の胸キュンシーンを再現した。

累計発行部数230万部突破の人気漫画を原作に、他人と関わることが苦手な女子高生ニノ(飯豊)と、“ある秘密”を抱えるクラスの人気者・キラ(中川)の不器用な恋模様を描く。

中川と飯豊は、カーテンに包まってキスをする「カーテンの刑」を実演。舞台一面に張られた布の奥に2人が立ち、布越しに2人がキスをしているかのようなシルエットが浮かび上がると、場内に黄色い歓声が響き渡る。だが中川は「本当に緊張した!」と赤面。飯豊も「皆さんの前でやるとは思っていなかったので、緊張しました」と吐露したが、「皆さんどうでしたか? キュンキュンしていただけましたか?」と呼びかけると、客席から盛大な拍手があがった。

さらに、キラがニノに「チュウしていいですか?」と告白する場面も再現することになったが、今度は中川の相手役を、飯豊、葉山、平のなかからクジ引きで決めることに。中川が「男の子もいるんですが……どうすれば」と表情を曇らせつつクジを引くと、不安は的中しニノ役は葉山に決定。中川は「まじかよ」とうなだれたが、葉山は「やるしかない!」と腹をくくる。

ボーイズラブに挑戦することになってしまった2人。川村監督がノリノリで「よーいスタート!」と合図をすると、中川が葉山に「チュウ、していいですか?」と照れ臭そうに問いかける。葉山は小さく頷き、中川に歩み寄る。2人がきつく抱き合い、大照れしながら見つめ合うと、他の登壇者と客席は大爆笑。この日一番の盛り上がりだったが、中川は「本編にはこういったシーンはございません」と慌てて補足していた。

きょうのキラ君」は、2月25日から公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi