「ラ・ラ・ランド」チャゼル監督が選ぶ「ロサンゼルスを舞台にした映画ベスト10」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月25日 > 「ラ・ラ・ランド」チャゼル監督が選ぶ「ロサンゼルスを舞台にした映画ベスト10」
メニュー

「ラ・ラ・ランド」チャゼル監督が選ぶ「ロサンゼルスを舞台にした映画ベスト10」

2017年1月25日 12:00

「ブギーナイツ」の一場面「ラ・ラ・ランド」

「ブギーナイツ」の一場面
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ライアン・ゴズリングエマ・ストーンを主演に迎え、米ロサンゼルスを舞台にジャズピアニストと売れない女優の恋を描いたミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」(2月24日公開)のデイミアン・チャゼル監督が、同じくロサンゼルスを舞台にした映画のベスト10をピックアップした。

米チケット販売サイトFandangoの取材に対する回答で、チャゼル監督はこうコメントしている。「ロサンゼルスを舞台にした映画は無数にあるが、その多くでロサンゼルスという街そのものがひとつのキャラクターとして浮かび上がってくる。時に美しく、時に不吉で、しかしどんな時でも魅惑的だ。選んだ10本の傑作は、それぞれにロサンゼルスの歴史と文化における特有の時代と場所、感覚を捉えている。そして何より、僕がなぜ映画を愛しているのかを思い出させてくれる作品ばかりだ」

チャゼル監督のベスト10は以下の通り。なお、Fandangoのユーザー1000人以上を対象に行ったアンケートでは、ロサンゼルスを舞台にした映画のベスト5に「パルプ・フィクション」「ロジャー・ラビット」「クルーレス」「ビッグ・リボウスキ」「ブレードランナー」がランクインしている。

1.「ブギーナイツ」(ポール・トーマス・アンダーソン監督)
2.「チャイナタウン」(ロマン・ポランスキー監督)
3.「ヒート」(マイケル・マン監督)
4.「Killer of Sheep」(チャールズ・バーネット監督/日本未公開)
5.「ロング・グッドバイ」(ロバート・アルトマン監督)
6.「パルプ・フィクション」(クエンティン・タランティーノ監督)
7.「理由なき反抗」(ニコラス・レイ監督)
8.「雨に唄えば」(ジーン・ケリースタンリー・ドーネン監督)
9.「スタア誕生(1954)」(ジョージ・キューカー監督)
10.「サンセット大通り」(ビリー・ワイルダー監督)

(映画.com速報)
ブギーナイツ[DVD] ブギーナイツ[DVD] 最安価格: ¥927 1970年代アメリカのポルノ界を駆け抜けた青年の、栄光の日々を描いた異色青春ドラマ。
チャイナタウン[Blu-ray/ブルーレイ] チャイナタウン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,373 ダム建設に関わる“汚職”と“秘密”の謎を探る探偵の姿を描いたロマン・ポランスキー監督による傑作ハードボイルド・ミステリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • メッセージの評論 メッセージ SF映画の概念を覆し深遠な問いかけをもたらす、鬼才監督の仕掛ける映画的体験
  • 夜に生きるの評論 夜に生きる おかずは詰め込みすぎだが背景描写に捨てがたい味が
  • 夜明け告げるルーのうたの評論 夜明け告げるルーのうた 日本アニメ屈指の異才の、驚きに満ちた王道青春ファンタジー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi