水原希子、大根仁監督とのコラボCMは「素の自分が映ってます」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月17日 > 水原希子、大根仁監督とのコラボCMは「素の自分が映ってます」
メニュー

水原希子、大根仁監督とのコラボCMは「素の自分が映ってます」

2017年1月17日 15:18

大根監督とCMでもタッグ「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」

大根監督とCMでもタッグ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優の水原希子が英会話スクール「NOVA」の新CMキャラクターに就任し1月17日、都内で行われた新CM発表会に出席した。1月18日から開始する新キャンペーン「Borderless!」の一環として全国で順次放送される全7編のCMの内、4本が初披露。サービス精神旺盛な水原は、カメラを構える記者たちの「投げキッスしてください」「くるくる回ってもらえます?」という要望に快く応じ、キュートなポージングを次々と決めていた。

新キャンペーン「Borderless!」は、水原も出演する「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」(9月公開)を手掛ける大根仁監督がプロデュース。放送されるCMは、2016年秋に米・ロサンゼルスに短期滞在した水原の計7日間に密着した映像をベースにつくり上げた“リアルドキュメンタリーCM”だ。世界に挑戦する水原の姿を通じ、「NOVA」が文化、国境、言語など、さまざまな“Border”を越えて挑戦する人を応援する意図が込められている。

水原は、大根監督について「映画撮影時にも感じたんですけど、本当に気さくな人。一緒にいても緊張感を感じないんです。ある意味、友達のような感覚で撮っていましたね」とニッコリ。大根監督はスマートフォンも駆使しつつ、水原のプライベートな部分にも迫ったようで「朝の寝ぼけた表情もとらえられていましたね(笑)。本当にドキュメンタリーとして見れる作品。全部素の自分が映っています」と振り返った。

ロサンゼルス滞在中は「米国では自己アピールをきちんとしなければならなくて、明確に言葉で伝えていかなきゃいけない」という部分に難しさを感じたという。また、自身にとって「『Borderless』とは?」と問われると「今は色んなツールがあって、たとえ話さなかったとしても、人に伝達する方法がたくさんあります。自分の好きなこと、人に伝えたいという気持ちを『まずは出す!』という思いが“Border”を越えさせてくれるんじゃないかなって感じます」としっかりとした口調で応えた。

この日は水原の英語力を試すクイズも出題。文法や言葉のニュアンス、読解力も完璧に身につけていた水原は、難なくオールクリアし満面の笑み。また17年の抱負を英語で発表することになると「Go for it!」と宣言。「色んな意味があるんですけど、私は『飛び込め!』と解釈しています。行くときは行かなきゃいけないし、何も考えずに飛び込んじゃえってことです。時には恥をかくこと、そして失敗することも、きっと学びにつながるはず」と今後の活動にさらなる意欲を見せた。

「Borderless」キャンペーンサイト(http://www.nova.co.jp/borderless-cp/)では、CM撮影の全貌に迫ったショートムービー「Borderless! Special Document Movie」が公開中。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi