ハリウッドサインにいたずらした男が自首 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月13日 > ハリウッドサインにいたずらした男が自首
メニュー

ハリウッドサインにいたずらした男が自首

2017年1月13日 12:00

「HOLLYWOOD」が「HOLLYWeeD」に

「HOLLYWOOD」が「HOLLYWeeD」に
Photo by Gabriel Olsen/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハリウッドのシンボルともいえる「ハリウッドサイン(HOLLYWOOD)」が「HOLLYWeeD」に改変されたいたずらで、実行犯の男が1月9日(現地時間)、ロサンゼルス警察に出頭。不法侵入の容疑で逮捕された。

自首したのは、カリフォルニア州在住の30歳のアーティスト。米ロサンゼルス・タイムズ紙によれば、2月15日に出廷することを条件に、1000ドルの保釈金で保釈されたという。男は同紙に「これほど大ごとになるとは思っていなかった」「個人的には、このいたずらはみんなに喜びや幸せをもたらしたんじゃないかな」と語った。

当局によれば、1月1日午前3時ごろ、黒ずくめの男がはしごを使って看板の一部を布で覆う様子が監視カメラに記録されていたという。使用された黒い布には、それぞれピースマークとハートマークが描かれていた。今回のいたずらによる看板への損傷はないそうだ。

なお、「weed」は大麻の意味。カリフォルニア州では2016年11月、従来の医療目的の大麻使用に加え、嗜好目的での使用が合法化されていた。

(映画.com速報)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 沈黙 サイレンスの評論 沈黙 サイレンス 究極の試練を突きつけられ“なにが正しいのか”を見失った人間たちのドラマ
  • ザ・コンサルタントの評論 ザ・コンサルタント ベンアフの新たな当たり役!“2つの顔を持つ男・最新アップデート版”登場
  • スノーデンの評論 スノーデン 世界中を驚かせた“告発者”の残酷なる心の旅と、まっすぐな信念を描く
映画評論の一覧を見る
Jobnavi