「パリ市庁舎前のキス」写真家ドアノーのドキュメンタリーが公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月13日 > 「パリ市庁舎前のキス」写真家ドアノーのドキュメンタリーが公開
メニュー

「パリ市庁舎前のキス」写真家ドアノーのドキュメンタリーが公開

2017年1月13日 17:00

フランスの写真家ロベール・ ドアノーに迫ったドキュメンタリー

フランスの写真家ロベール・
ドアノーに迫ったドキュメンタリー
(C)2016/Day For Productions/ARTE France
/INA (C)Atelier Robert Doisneau
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「パリ市庁舎前のキス」で知られる、フランスの写真家ロベール・ドアノーに迫った初のドキュメンタリー映画「パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー<永遠の3秒>」が、4月22日から公開される。

ドアノーの孫娘のクレモンティーヌ・ドルディルが監督を務めた本作は、撮影風景やインタビューなどの当時の貴重な資料映像や、親交のあった著名人による証言により、写真家ドアノーの人生と創作に迫り、世界でもっとも有名な写真のひとつとなった「パリ市庁舎前のキス」の知られざる撮影秘話も明かされる。さらに、ピカソ、フランソワーズ・サガンロマン・ポランスキーサビーヌ・アゼマイザベル・ユペールら、ドアノーが撮った同時代を代表する著名人のポートレイトも紹介する。

「パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー<永遠の3秒>」は、4月22日から東京都写真美術館ホール、ユーロスペースほか全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi