安藤サクラ&伊東蒼、沖縄民謡「島々清しゃ」合奏に挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月12日 > 安藤サクラ&伊東蒼、沖縄民謡「島々清しゃ」合奏に挑戦
メニュー

安藤サクラ&伊東蒼、沖縄民謡「島々清しゃ」合奏に挑戦

2017年1月12日 20:10

オール沖縄ロケで撮影された「島々清しゃ(しまじまかいしゃ)」

オール沖縄ロケで撮影された
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 故新藤兼人監督の孫でもある新藤風監督による11年ぶりの新作「島々清しゃ(しまじまかいしゃ)」プレミア上映が1月12日テアトル新宿であり、新藤監督、ダブル主演の安藤サクラ伊東蒼が、舞台挨拶に立った。

映画は、沖縄・慶良間諸島を舞台に、耳が良すぎて少しの音のズレさえも頭痛のタネになってしまう少女・うみ(伊東)と、東京から島へやってきたバイオリニストの祐子(安藤)が心を通わせていく様を描く。

安藤は「沖縄の温かい風や色が五感にしみわたる映画を、新宿のど真ん中に届けられるのがうれしい」と笑顔で挨拶。「何か買おうと思うと宿の自販機しかない島だったけど、鹿やイタチがいた。(舞台となった)小学校から、みんながどこにいるかがわかるような島。地域の方、スタッフ、出演者、鹿も含めてみんなで作った作品」と小さな慶留間島での撮影を振り返った。

蒼ちゃんは、劇中で吹奏楽部のフルートに挑戦。「全然音が出なくて泣きながら練習して、だんだん楽しくなった」と猛特訓をしたと明かし、安藤との共演について「さくらさんは、飼っている猫の話や、沖縄の木になりきって話をしてくれた」と撮影の合間のエピソードを披露した。

本作のタイトルは、島々の清らかで美しい佇まいを歌い上げた普久原恒勇の沖縄民謡「島々清しゃ」からつけられた。この日は、映画にも出演し琉球民謡音楽器指導を行った金城盛長氏をはじめ、吹奏楽の楽器指導にあたった音楽家たちが「島々清しゃ」を合奏。蒼ちゃんはフルート、安藤は三線、新藤監督は合いの手のコーラスとして参加し、会場を盛り上げた。

転がれ!たま子」以来11年ぶりにメガホンをとった新藤監督は「島の力、音楽の力、子供の力が一つになった映画。言葉で変わりゆく人々の心をゆったりとした気分で見てほしい」と観客に呼びかけた。

島々清しゃ(しまじまかいしゃ)」は、1月21日から東京・テアトル新宿ほか全国順次公開。

(映画.com速報)
転がれ!たま子 スペシャル・エディション[DVD] 転がれ!たま子 スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,201 殻に閉じこもって生きてきた女の子の奇妙な冒険物語を描いたハートウォーミング・コメディ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 沈黙 サイレンスの評論 沈黙 サイレンス 究極の試練を突きつけられ“なにが正しいのか”を見失った人間たちのドラマ
  • ザ・コンサルタントの評論 ザ・コンサルタント ベンアフの新たな当たり役!“2つの顔を持つ男・最新アップデート版”登場
  • スノーデンの評論 スノーデン 世界中を驚かせた“告発者”の残酷なる心の旅と、まっすぐな信念を描く
映画評論の一覧を見る
Jobnavi