【国内映画ランキング】「妖怪ウォッチ」首位返り咲き、「バイオハザード」は2位後退も依然好調 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月11日 > 【国内映画ランキング】「妖怪ウォッチ」首位返り咲き、「バイオハザード」は2位後退も依然好調
メニュー

【国内映画ランキング】「妖怪ウォッチ」首位返り咲き、「バイオハザード」は2位後退も依然好調

2017年1月11日 10:00

1位に返り咲いた「妖怪ウォッチ」「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」

1位に返り咲いた「妖怪ウォッチ」
(C)LEVEL-5/映画「妖怪ウォッチ」
プロジェクト 2016
[拡大画像]

[映画.com ニュース]1月7~8日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。昨年12月17日の首位スタート後、5位まで後退していたアニメ「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」が、3連休の土日2日間で動員19万4400人、興収2億2500万円をかせぎ、公開4週目に再び首位に浮上した。累計興収はすでに20億円を突破しており、最終興収55.3億円を記録した前作にどこまで迫るかに注目が集まる。

バイオハザード ザ・ファイナル」は2位に後退したが、週末2日間で動員18万5685人、興収2億8602万6500円を記録し、1月9日までの累計興収は33億円を突破。最終興収38.1億円をあげた前作「バイオハザードV リトリビューション」の同日比(公開18日まで)113%と依然好調な興行を続けている。

正月も驚異的な興行をみせた「君の名は。」は3位をキープ。9日までの累計興収は229億円を突破し、国内歴代興収3位「アナと雪の女王」(14年)の255億円が視野に入ってきた。「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」は4位、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は5位に順位を下げたが、6位から8位の順位に変動はなく、正月休み明けの最初の週末も競り合いを見せた。

新作では、西尾維新の人気ライトノベルを長編アニメ映画化した3部作の第3部「傷物語III 冷血篇」が、初登場で9位にランクインしている。

そして、「君の名は。」と同様に年をまたいで好調を維持している「この世界の片隅に」は、土日2日間で動員5万7000人、興収7700万円をあげて9週連続10位内を死守。スクリーン数は公開初週より114増えて177となり、累計動員は86万人、興収は11億円を突破した。

(映画.com速報)
バイオハザードV:リトリビューション[Blu-ray/ブルーレイ] バイオハザードV:リトリビューション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 「世界」を壊せ。地球を救うために。ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の人気SFアクション・シリーズ!!
アナと雪の女王 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] アナと雪の女王 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,127 姉と王国を救うため旅に出た妹の冒険と“真実の愛”を描く感動の長編アニメーション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

  • ラ・ラ・ランドの評論 ラ・ラ・ランド アーティストの悲哀と恋愛の悲哀。2種の悲哀が絡み合って切ないドラマを生む
  • 愚行録の評論 愚行録 単なる露悪的なカリカチュアを越えた、確かなリアリティが息づいている
  • ナイスガイズ!の評論 ナイスガイズ! 1970年代的な荒っぽい見せ場と血の通ったキャラクターに胸が弾むバディ活劇
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi