ミニカーブランド「トミカ」がTVアニメ化!車がロボットに変形する新ヒーロー誕生 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月11日 > ミニカーブランド「トミカ」がTVアニメ化!車がロボットに変形する新ヒーロー誕生
メニュー

ミニカーブランド「トミカ」がTVアニメ化!車がロボットに変形する新ヒーロー誕生

2017年1月11日 17:00

「トミカ」と連動するスペシャル コンテンツが始動

「トミカ」と連動するスペシャル
コンテンツが始動
(C)TOMY/ドライブヘッド・TBS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ミニカーブランド「トミカ」と連動するスペシャルコンテンツの始動が発表され、子ども向けテレビアニメ「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察」が4月から放送されることがわかった。本コンテンツは、多方面へメディアミックス展開するビックプロジェクトとして、同ブランド初のテレビアニメ化のほか、関連玩具の製作、雑誌連載などが決定しており、原作および玩具展開をタカラトミー、アニメーション制作を「妖怪ウォッチ」劇場版シリーズを手がけたOLMが担当する。

物語の舞台は、人智を超えた災害、複雑多様化する犯罪に対応するために、人命救助を目的とした新組織「機動救急警察ハイパーレスキュー」が政府によって発足された近未来。同組織は、警察、消防、救急などの機関と同等の能力を持つ特殊機体「ドライブヘッド」の開発に成功する。同機体のドライバーに任命された車田ゴウら複数の小学生が、車からロボットに変形する最強ヒーロー・ドライブヘッドを操り、人々の平和と安全のために奮闘する姿を描く。

渡辺信也プロデューサーは、「“ドライブヘッド”を操縦する主人公たちは小学5年生です。なぜ小学生がドライバーになったのかは本編を楽しみにしていただくとしまして……彼らが災害や安全を脅かす敵に立ち向かう様から、テレビの前の子どもたちに『救助することのカッコよさ』『人としての優しさ』『最後まで諦めない気持ち』を感じてもらえたらと思います」と本作に込めた思いを語っている。

なお1月9日に、東京・墨田区の東京ソラマチで本作の制作発表会が開催され、お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザーと安藤なつが出席した。劇中に登場する「ドライブヘッド01 ソニックインターセプター」がお披露目されると、2人は「でけえ! すげえかっこいい!」と大興奮で、安藤がドライブヘッド01と相撲をとるひと幕も見られた。

「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察」は、TBS系全国28局ネットで4月から毎週土曜午前7時放送。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 沈黙 サイレンスの評論 沈黙 サイレンス 究極の試練を突きつけられ“なにが正しいのか”を見失った人間たちのドラマ
  • ザ・コンサルタントの評論 ザ・コンサルタント ベンアフの新たな当たり役!“2つの顔を持つ男・最新アップデート版”登場
  • スノーデンの評論 スノーデン 世界中を驚かせた“告発者”の残酷なる心の旅と、まっすぐな信念を描く
映画評論の一覧を見る
Jobnavi