綾瀬はるか、CMでのメガネずり落ちを自己演出「加減が難しかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月10日 > 綾瀬はるか、CMでのメガネずり落ちを自己演出「加減が難しかった」
メニュー

綾瀬はるか、CMでのメガネずり落ちを自己演出「加減が難しかった」

2017年1月10日 17:00

会見に臨んだ綾瀬はるか

会見に臨んだ綾瀬はるか
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の綾瀬はるかが1月10日、CM出演するブリヂストンの都内で行われた2017年夏タイヤの新ラインナップ発表会に出席した。

綾瀬が白衣にメガネをかけた教授を演じる同社のCMも3年目となり、「初めての頃よりは、すごくなじんできた気がします」と笑顔でアピール。2月中旬からオンエアされる新CM「ちゃんと『ちゃんと買い』」編では、タイヤの買い替えを講義している過程でメガネがずり落ちるカットがあり「最初はスタッフさんがテグスを引っ張ってくれたけれど、タイミングが合わなかったので自分で引っ張りました。ずり落ち加減が難しかったですね」と振り返った。

CMの内容に合わせて、テレビショッピングなどで知られる実演販売士・ナックル井上を相手にタイヤ買い替えの店頭商談を実演する寸劇も披露。「ちゃんと買い」に絡めて、今年の抱負を「わたしは、ちゃんと楽しく、潔く」としたためたが、「何事も日々楽しもうと思って取り組もうと。その中には潔さも大事だと思うので」と文字通りの説明をして、会場を笑いに包んでいた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

  • ラ・ラ・ランドの評論 ラ・ラ・ランド アーティストの悲哀と恋愛の悲哀。2種の悲哀が絡み合って切ないドラマを生む
  • 愚行録の評論 愚行録 単なる露悪的なカリカチュアを越えた、確かなリアリティが息づいている
  • ナイスガイズ!の評論 ナイスガイズ! 1970年代的な荒っぽい見せ場と血の通ったキャラクターに胸が弾むバディ活劇
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi