綾瀬はるか、CMでのメガネずり落ちを自己演出「加減が難しかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月10日 > 綾瀬はるか、CMでのメガネずり落ちを自己演出「加減が難しかった」
メニュー

綾瀬はるか、CMでのメガネずり落ちを自己演出「加減が難しかった」

2017年1月10日 17:00

会見に臨んだ綾瀬はるか

会見に臨んだ綾瀬はるか
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の綾瀬はるかが1月10日、CM出演するブリヂストンの都内で行われた2017年夏タイヤの新ラインナップ発表会に出席した。

綾瀬が白衣にメガネをかけた教授を演じる同社のCMも3年目となり、「初めての頃よりは、すごくなじんできた気がします」と笑顔でアピール。2月中旬からオンエアされる新CM「ちゃんと『ちゃんと買い』」編では、タイヤの買い替えを講義している過程でメガネがずり落ちるカットがあり「最初はスタッフさんがテグスを引っ張ってくれたけれど、タイミングが合わなかったので自分で引っ張りました。ずり落ち加減が難しかったですね」と振り返った。

CMの内容に合わせて、テレビショッピングなどで知られる実演販売士・ナックル井上を相手にタイヤ買い替えの店頭商談を実演する寸劇も披露。「ちゃんと買い」に絡めて、今年の抱負を「わたしは、ちゃんと楽しく、潔く」としたためたが、「何事も日々楽しもうと思って取り組もうと。その中には潔さも大事だと思うので」と文字通りの説明をして、会場を笑いに包んでいた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • メッセージの評論 メッセージ SF映画の概念を覆し深遠な問いかけをもたらす、鬼才監督の仕掛ける映画的体験
  • 夜に生きるの評論 夜に生きる おかずは詰め込みすぎだが背景描写に捨てがたい味が
  • 夜明け告げるルーのうたの評論 夜明け告げるルーのうた 日本アニメ屈指の異才の、驚きに満ちた王道青春ファンタジー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi