「映画ドラえもん」第37弾に「サバンナ」高橋&八木が敵役でゲスト出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月8日 > 「映画ドラえもん」第37弾に「サバンナ」高橋&八木が敵役でゲスト出演
メニュー

「映画ドラえもん」第37弾に「サバンナ」高橋&八木が敵役でゲスト出演

2017年1月8日 10:00

お笑いコンビ「サバンナ」が ゲスト声優で参加!「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」

お笑いコンビ「サバンナ」が
ゲスト声優で参加!
(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・
シンエイ・ADK 2017
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ドラえもん」の長編映画シリーズ37作目「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」に、お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄八木真澄がゲスト声優として参加することがわかった。あわせて、バラエティ番組「ドラえもん知識王No.1決定戦スペシャル」で優勝した経歴もある高橋、本作で声優初挑戦となった八木から“ドラえもん愛”あふれるコメントが寄せられている。

千と千尋の神隠し」では監督助手を務めた高橋敦史が監督を務める今作は、原作者の藤子・F・不二雄氏の得意とする“S(すこし)F(ふしぎ)”な要素をふんだんに盛り込んだ大冒険が展開。南極にやって来たのび太たちが、氷漬けになっている不思議なリングを発見したことをきっかけに、氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡にたどり着く。「サバンナ」のほか、フィギュアスケーターの織田信成浅田舞がゲスト声優と参加している。

「サバンナ」の2人が演じるのは、古代遺跡を守る石像。八木が音を弱点とするオクトゴン役に扮し、高橋はオクトゴンより賢い怪鳥ヤミテム役。アフレコ当日は、緊張の面持ちでスタジオ入りした八木。音響監督の指示を受けて、すぐさまコツをつかみ、キャラクターに息吹を吹き込む一方、声優経験の豊富な高橋は、ひとつひとつのセリフに「ドラえもん」への愛と情熱を感じさせる完璧な演技を見せていた。

念願の「ドラえもん」シリーズへの出演に「夢が叶った気持ちで本当に嬉しかったです」と大喜びの高橋。だが、ドラえもんたちの敵役を演じなければならないため「本当に心苦しくて…役づくりがとても難しかったです」とアフレコ収録を述懐。「『もっとやれ! じゃないと映画が成り立たないぞ!』と自分を奮い立たせて頑張りました(笑)」と振り返り「わくわくとドキドキが止まらないですよ!」と作品の出来に太鼓判を押した。

そして八木は「小さい頃の初恋の相手が、実はドラミちゃんなんです(笑)」と告白し、オファーを受けた際には「嬉しい気持ちと甘酸っぱい気持ち」でくすぐったくなったという。台本に「謎の言葉が書かれていて…」とセリフの内容が気になる発言も残しつつ「アフレコ初体験でしたが手応えはあります! きっと歴代に残る敵役を演じられた自信はあります」と明かしている。

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」は、17年3月4日全国順次公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi