米タイム誌が選ぶ2016年俳優による演技トップ10 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年12月31日 > 米タイム誌が選ぶ2016年俳優による演技トップ10
メニュー

米タイム誌が選ぶ2016年俳優による演技トップ10

2016年12月31日 12:00

「ムーンライト」から3人選出!「ムーンライト」

「ムーンライト」から3人選出!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米タイム誌の年末恒例企画「Top 10 Everything of 2016」のなかで、2016年に公開された映画に出演した俳優による演技トップ10が発表された。

第1位には、「ムーンライト」(2017年公開)のアレックス・ヒバート、アシュトン・サンダース、トレバンティ・ローズの3人が選出された。同作は、米マイアミの貧困地域で暮らすアフリカ系アメリカ人の内気な少年の成長を、3つの時代構成で描いている。ブラッド・ピットの製作会社プランBエンタテインメントが手がけ、バリー・ジェンキンス監督がメガホンをとった。

タイム誌は、3人が同時に選ばれるのは異例であることを認めながら「ひとりの人物が少年から大人になるまでの過程をそれぞれ演じた3人は、精神的につながっており、実際にひとりの人物の魂となっている」と評している。

トップ10は以下の通り。

1.アレックス・ヒバート、アシュトン・サンダース、トレバンティ・ローズ「ムーンライト
2.ルース・ネッガラビング 愛という名前のふたり
3.イーサン・ホークブルーに生まれついて
4.イザベル・ユペールエル(原題)
5.ケイシー・アフレックマンチェスター・バイ・ザ・シー
6.アネット・ベニング「トゥエンティース・センチュリー・ウーマン(原題)」
7.エマ・ストーンラ・ラ・ランド
8.アンドレ・ホランドムーンライト
9.ミシェル・ウィリアムズマンチェスター・バイ・ザ・シー
10.リリー・グラッドストーン「サートゥン・ウーマン(原題)」

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 沈黙 サイレンスの評論 沈黙 サイレンス 究極の試練を突きつけられ“なにが正しいのか”を見失った人間たちのドラマ
  • ザ・コンサルタントの評論 ザ・コンサルタント ベンアフの新たな当たり役!“2つの顔を持つ男・最新アップデート版”登場
  • スノーデンの評論 スノーデン 世界中を驚かせた“告発者”の残酷なる心の旅と、まっすぐな信念を描く
映画評論の一覧を見る
Jobnavi