「ブレードランナー」続編でデッカード=レプリカント論争に終止符は打たれるのか? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年12月30日 > 「ブレードランナー」続編でデッカード=レプリカント論争に終止符は打たれるのか?
メニュー

「ブレードランナー」続編でデッカード=レプリカント論争に終止符は打たれるのか?

2016年12月30日 12:00

デッカード役のハリソン・フォードが復帰するということは…「ブレードランナー」

デッカード役のハリソン・フォードが復帰するということは…
(C) 2007 The Blade Runner Partnership.TM &
(C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] SF映画の金字塔「ブレードランナー」の続編「ブレードランナー 2049」でメガホンをとったドゥニ・ビルヌーブ監督が、主人公リック・デッカードの正体が明かされる可能性について語った。

リドリー・スコット監督がSF小説の大家フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を映画化したオリジナル版は、人造人間レプリカント専門の捜査官デッカードによる追跡劇。1982年の公開当時から、ファンの間ではこのデッカードが人間なのかレプリカントなのかをめぐり、熱い議論が繰り広げられていたが、2012年にスコット監督自身が「デッカードは(レプリカントの)ネクサス6」との見解を示した。

米The Playlistによれば、ビルヌーブ監督は仏映画サイトAllocineで、「いまでも謎と呼べるなら」と言い添えながら、「レプリカントをめぐるミステリーの緊張感や、前作で明かされなかった謎を維持することが大切」と語ったという。さらに、「フォードが出演したからといって、デッカードの正体が明らかになるとはかぎらない」と含みを持たせた。これを受け、ファンの間では「デッカードは次世代のレプリカントである」、あるいは「欠陥品である」といった論争が再燃しているようだ。

続編は、2019年のロサンゼルスを舞台にしたオリジナル版の「数十年後の世界の話」と言われている。フォードがデッカード役でカムバックするほか、ライアン・ゴズリングが出演。スコットが製作総指揮を務める。日本公開は2017年11月。

(映画.com速報)
ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 2019年のロサンゼルスを舞台に、人間を殺したために解体処分が下された“レプリカント”と、それを追うレプリカント専門の賞金稼ぎ“ブレードランナー”を描くSF映画の金字塔的作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi