J・J・エイブラムス、自身のプロデュース作に女性監督を起用 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年12月24日 > J・J・エイブラムス、自身のプロデュース作に女性監督を起用
メニュー

J・J・エイブラムス、自身のプロデュース作に女性監督を起用

2016年12月24日 10:00

J・J・エイブラムスと アンナ・フォースター監督「アウトランダー」

J・J・エイブラムスと
アンナ・フォースター監督
写真:Everett Collection/アフロ、
Photo by JB Lacroix/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハリウッドで活躍する女性の映画監督が少ないことが問題視されるなか、ヒットメイカーのJ・J・エイブラムスが、自身がプロデュースする新作映画「ルー(原題)」に女性のアンナ・フォースター監督を起用したとSlash Filmが報じた。

今年のアカデミー賞では、俳優部門にノミネートされたのがすべて白人だったことから、「白すぎるオスカー」と揶揄され社会問題に発展。アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーだけでなく、ハリウッド全体が多様性の欠如を批判されることになった。

これを受け、エイブラムスは自身の製作会社バッド・ロボットでクリエイターや俳優を採用する際、女性やマイノリティも候補にしなければならないというルールを制定。現在製作中のプロデュース作「ゴッド・パーティクル(原題)」では、黒人のジュリアス・オナー監督を起用するだけでなく、デビッド・オイェロウォダニエル・ブリュールエリザベス・デビッキ、ググ・ンバータ=ロー、チャン・ツィイーといった国際色豊かなキャスティングを実現している。

新作「ルー(原題)」では、「クリミナル・マインド」や「アウトランダー」などのテレビ演出家として知られるフォースターを監督に選んだ。孤島で生活する老婆が、娘を誘拐された隣人の手助けをすることになるストーリーを予定している。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 沈黙 サイレンスの評論 沈黙 サイレンス 究極の試練を突きつけられ“なにが正しいのか”を見失った人間たちのドラマ
  • ザ・コンサルタントの評論 ザ・コンサルタント ベンアフの新たな当たり役!“2つの顔を持つ男・最新アップデート版”登場
  • スノーデンの評論 スノーデン 世界中を驚かせた“告発者”の残酷なる心の旅と、まっすぐな信念を描く
映画評論の一覧を見る
Jobnavi