「ひるね姫」に高木渉出演 主人公ココネの父の悪友役で岡山弁も披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年12月23日 > 「ひるね姫」に高木渉出演 主人公ココネの父の悪友役で岡山弁も披露
メニュー

「ひるね姫」に高木渉出演 主人公ココネの父の悪友役で岡山弁も披露

2016年12月23日 07:00

神山健治監督作品に初参加!「ひるね姫 知らないワタシの物語」

神山健治監督作品に初参加!
(C)2017 ひるね姫製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 神山健治監督の最新作「ひるね姫 知らないワタシの物語」に、「名探偵コナン」や「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」などで知られ、大河ドラマ「真田丸」で実写ドラマへ初出演し、注目された声優の高木渉が出演することが決定した。

「ひるね姫」は「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズや「東のエデン」などで知られる神山監督のオリジナル長編アニメ。岡山・倉敷に住む女子高生のココネが、夢と現実の2つの世界で繰り広げる冒険を描く物語で、ココネは警察に逮捕されてしまった父を救うために奔走するなかで、何度も見ていた不思議な夢が事件解決の鍵を握っていることに気付く。

高木が担当するるのは、江口洋介演じるココネの父親・森川モモタローの悪友・佐渡(さわたり)役。出演決定について高木は「アフレコをとても楽しみにしておりました。薙田役の前野朋哉さんとともに赤ん坊のころから、ココネのことを知っている近所のオジサンという気持ちで、親しみを込めて演じさせていただきました。『ひるね姫』は、ココネの夢と現実が交錯するちょっと不思議な物語。幼なじみのモリオと一緒にどんな発見をする旅になるのか、僕も完成品を劇場で観るのを楽しみにしています。僕がしゃべる岡山弁も楽しみにしてくださいね」と話している。

また、神山監督は高木の抜てきについて「佐渡役の男性声優を声でオーディションさせていただいた際に、とてもいい声だなと思って耳を止めたのが高木さんでした。真田丸での勢いをいただけたのかなと思っています」と経緯を明かしている。

ひるね姫 知らないワタシの物語」は2017年3月18日公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi